【ファミレスの王様】すかいらーくはガストだけじゃない!配当金と株主優待を貰ったのでぜひ紹介する

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

すかいらーくより配当金約1万円と株主優待の食事券1.8万円分を貰った。

すかいらーくと言えば「ガスト」のイメージかもしれないが、実は様々なファミレスを運営している。

ザ・キングオブファミレス。

ぜひ紹介したい

配当・優待実績

◯保有数:500株
◯配当入金:10,554円(NISA+特定)
◯株主優待:500円券×36枚

ファミレスのすかいらーくとガスト

すかいらーくはファミレスチェーンを運営する大手外食企業。

かつてはひばりマークで有名なファミリーレストラン「すかいらーく」を日本のファミレス最多数規模で運営をしていたのだが、バブル崩壊後に業績が悪化し、1990年代前半から2006年にかけて低価格商品を主力とするファミレスの「ガスト」へと業態を変えていった。

そんなことで今でもガストは日本のファミレス店舗数で最多を誇り、「すかいらーく=ガスト」というイメージを持つ人が多いと思われる。

■すかいらーく

■ガスト

※すかいらーくホームページより

「すかいらーく」の店舗は無くなってしまったが、現在もひばりマークはコーポレートロゴとして残っている。

すかいらーくが運営するレストラン・カフェ

すかいらーくはガストやジョナサンなどの有名ファミレスの他に、グループ会社を通して様々なジャンルの店舗を運営している。その数は全都道府県に約3,000店!

それぞれの店舗数は次のとおり。

まずは主力ブランドを運営する㈱すかいらーくレストランツの店舗。

■すかいらーくレストランツ運営
ブランド ジャンル 店舗数
ガスト 洋食 1,367店
バーミヤン 中華 332店
ジョナサン 洋食 301店
夢庵 和食 194店
ステーキガスト ステーキ&ハンバーグ 137店
グラッチェガーデンズ イタリアン 71店
藍屋 和食 47店
Sガスト 洋食 28店
魚屋路 寿司 24店
chawan 和食 17店
とんから亭 とんかつ 14店
ゆめあん食堂 和食 5店
その他 23店

ガストの1,367店がぶっちぎりの多さ。

参考までに吉野家の国内店舗数を見ると現時点で1,200店とのこと。牛丼屋よりガストの方が多い。

次はしゃぶしゃぶ専門店やビュッフェレストラン、カフェなどを運営する子会社のニラックス㈱の運営店舗。

■ニラックス運営
ブランド ジャンル 店舗数
フェスタガーデン バイキング 14店
パパゲーノ バイキング 11店
しゃぶ葉 しゃぶしゃぶ 182店
グランチャイナ バイキング 2店
その他ブッフェ バイキング 63店
La Ohana ハワイアン 2店
むさしの森珈琲 カフェ 19店
その他 12店

しゃぶ葉が182店舗と最多。

食べ放題はコスパ最強なのでここもお気に入り。

前に書いたレポは下記↓

○しゃぶ葉

この前すかいらーくグループのしゃぶ葉でしゃぶしゃぶ食べ放題を頂いてきた。 初めて訪れたが大満足。 すかいらーくの株主優待も使えま...

そしてすかいらーくは中期経営計画で「顧客ニーズに合致し、実験・検証された新ブランドによる出店」を施策の1つに掲げている。

そのような中、ニラックスが比較的新しく開発したブランド「むさしの森珈琲」や「La Ohana」は顧客ニーズに十分応えられているとして出店拡大を進めようとしている。

■出店拡大計画※すかいらーく株主通信より

個人的に2ブランドともかなり好きな店なので今後を期待している。

○むさしの森珈琲

週末のモーニング。 先日届いたすかいらーく(3197)の株主優待を使いに「むさしの森珈琲」へ。 今年度よりすかいらーくは年2回の...

○La Ohana

すかいらーくが新たに横浜でオープンしたハワイアンダイニング&カフェ La Ohana(ラ・オハナ)へ行ってきた。すかいらーくの株主優待を使ってモーニングを頂く。初めて訪れたのだがかなり良い。ぜひご紹介したい。

ちなみにニラックスはフードコートの運営も手がけており、有名所であれば大江戸温泉内のいくつかの店舗は同社が運営をしている。

最後はその他子会社が運営する店舗。

■その他子会社運営
ブランド ジャンル 店舗数
トマト&オニオン ハンバーグ 56店
じゅうじゅうカルビ 焼肉 69店
フロプレステージュ 洋菓子 112店

これらの店舗はすみません。全く知りません。

すかいらーくの業績

次はすかいらーくの業績について。

まずはホームページに掲載された業績を見る。

■業績
  13年12月期 14年12月期 15年12月期 16年12月期 17年12月期
売上収益 (百万円) 332,484 340,002 351,146 354,513 359,445
売上総利益 (百万円) 232,242 237,795 244,675 248,055 251,152
売上総利益率 (%) 69.9 69.9 69.7 70 69.9
営業利益 (百万円) 22,563 21,642 27,806 31,249 28,103
税引前利益 (百万円) 11,800 16,767 24,717 28,952 25,515
当期利益 (百万円) 7,097 9,479 15,120 18,216 16,926
1株当たり当期利益 (円) 37.29 49.57 77.79 93.57 86
営業利益率 (%)  6.8% 6.4% 7.9% 8.8% 7.8%

17年通期の結果を踏まえてメディアやネット上でいろいろ言われてはいるが、まあそんな悲観する必要はないのでは?と思っている。

というのも前年比で利益は落ちているものの、最終的に売上高に対していくら収益を稼げたかの観点で営業利益率(赤字部分)を見ると、過去数年と比較しても人件費云々が指摘されている割には大きく落ちている訳ではない。

逆に16年度が目立って好調だったという可能性も無くはない。

次に業績説明に書いてある株主優待引当金についてのコメント。

すかいらーくは2017年に優待額を従来の3倍に引き上げており、今回の業績資料ではその事が費用増加の要因として説明されている。

■株主優待費用引当

ただ、注目したいのが(2017年度特有のコスト増)“という部分。

株主優待費用については優待発行時点で引当金を計上しており、その後優待券の利用金額相当が引当金より充当されていく。

それが17年度では優待制度の変更を挟んでいるため、16年時点予定額以上の引当金を計画外の「2017年度特有のコスト」と表現している。

優待拡充で費用が増えた事には変わりは無いが、計画外費用の追加は次年度以降基本発生しないため想定からとズレる事も今後は無い。

あとは実際に利用された分が確定すれば過剰な引当金も解消される。

以上2点から何が言いたいのかというと、「優待コストの増加が一定の利益を押し下げる要因とはなっているが、基本的な稼ぐ力は衰えておらず、中期経営計画に則り店舗出店を拡大することで今後も継続した成長が見込める」という事。

赤字になっている訳でもないし一言で言えば「楽観視でOK!」 ※ド素人の個人的な見解です

すかいらーくの配当と株主優待

すかいらーくの配当と株主優待について。

■配当と保有株別優待
     16年度  17年度  18年度 (予想)
1株当たり 合計 1株当たり 合計 1株当たり 合計
100 株 配当 38 7,562 38 7,562 38 7,562
優待 20 2,000 60 6,000 60 6,000
300株  配当 38 11,400 38 11,400 38 11,400
優待 21.7 6,500 66.7 20,000 66.7 20,000
500株  配当 38 19,000 38 19,000 38 19,000
優待 22.0 11,000 66.0 33,000 66.0 33,000
1,000株  配当 38 38,000 38 38,000 38 38,000
優待 23.0 23,000 69.0 69,000 69.0 69,000

配当は配当性向40%を基準としておりここ数年は1株38円が続いている。

そして株主優待は保有株別に優待額が変わり、ありがたい事に保有株数が増えると1株当たりの優待額も増える。

すかいらーくは継続保有

中学生の頃から個人的にお世話になっているすかいらーく。

現在株価は低迷しているが、複数の業態を展開する事で幅広い世代に受け入れられているため、今後業績が急激に悪化をすることは無いと思っている。

投資ファンドも居なくなったということでこれからが本番。

現社長も現場出身の生え抜きということで今後より良いファミレス作りが行われる事を期待している。

以上です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事・スポンサーリンク

コメント

  1. intecontipapa より:

    すっかりコロワイド・クリレスにマクドナルドを加えて、すっかり株主優待四天王になった感すらありますね(笑)。ちなみに今日3/29に新宿での株主総会があります。