むさしの森珈琲でモーニング!すかいらーくの株主優待を使って4円

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

週末のモーニング。

先日届いたすかいらーく(3197)の株主優待を使いに「むさしの森珈琲」へ。

今年度よりすかいらーくは年2回の優待に変更されている。

株主優待実績

◯請求:1004円
◯優待:−1000円
◯請求:4円

すかいらーくグループが運営する「むさしの森珈琲」

むさしの森珈琲は、ガストやバーミヤンなどで有名なすかいらーくグループが経営するコーヒー屋。

運営自体はすかいらーく子会社のニラックス㈱が行っている。

■ニラックスのブランド

超庶民派のガストと対照的で、ニラックスが運営する店舗はやたらオシャレ。

■店内※むさしの森珈琲(http://mmcoffee.jp/)より

むさしの森珈琲を含め、ニラックス店舗では一部を除いてすかいらーくの株主優待が利用可能。

意外と知られていない?

普段は他社のQUOカード優待でガスト等に行っているので、優待は前回同様ニラックスで使うことに。

むさしの森珈琲のモーニング

むさしの森珈琲は郊外型のコーヒー屋。店内は駅チカ型のコーヒー屋と違って、とても広くて開放的。

そして内装がやたらオシャレ。

むさしの森珈琲の営業時間は7:00〜23:00。

そのうち、モーニングは7:00〜10:30の間で提供されている。

■むさしの森珈琲のモーニングメニュー

一番オトクなセットで380円とかなり良心的な値段設定。

また、名古屋式モーニングも実施しており、コーヒー1杯注文すると、パンとゆで卵が付いてくる。

この場合は、コーヒーが400円なのでちょっと高め。

今回は優待券を上手く消費したかったので、680円のセットを注文。

ドリンクは付いていないので、セット注文で+200円のアイスコーヒー、そして、+100円のキャラメルトッピングを頼む。

■むさしの森珈琲のモーニングセット

7:30に店に入ったが人は既にちらほら。

そして、食べているときには既に満席。帰りは並ぶほどに。

立地は悪いのにかなりの人気っぷり。

おしゃれなカフェといった感じで、オッサン一人、短パンとビーサンで来るのは場違い。

気にせず突撃する勇気は必要。

すかいらーく(3197)の株主優待

今回使ったすかいらーくは過去上場廃止し、2014年に再上場を果たしたファミレス運営企業。

かつてすかいらーくブランドのファミレスがあったが、現在廃止され、社名に残っているのみ。

主力は低価格ファミレスのガストや、中華ファミレスチェーンのバーミヤンなど。

すかいらーくの株主優待は年2回実施。で単元株保有で2000円分が貰える。

■保有数別利回り(9/16時点)

株数 優待 配当 必要投資額 合計利回り
100株 2,000 円分 ¥3,800 ¥132,700 4.37%
300株 6,500 円分 ¥11,400 ¥398,100 4.50%
500株 11,000 円分 ¥19,000 ¥663,500 4.52%
1,000株 23,000 円分 ¥38,000 ¥1,327,000 4.60%

■チャート

(株)すかいらーく【3197】:株式/株価 – Yahoo!ファイナンス

株価は下降気味だが、2016年には、保有株数に関係ない一律額面の優待制度から、保有数が多いほど利回りが上がる優待制度への変更をしており、株主還元には積極的。

すかいらーくグループはよく使うのでお金貯めて1000株まで買い増ししたい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事・スポンサーリンク