吉野家系列の回らない寿司屋「すし三崎丸」でランチを食べた。株主優待券が使える

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 7

吉野家グループに寿司屋があるのを知ってますか?

それも回らない寿司屋。

吉野家HDの株主優待も使えるのでご紹介したい。

すし三崎丸で株主優待を使ってランチ

今回訪れたのは吉野家系列の「すし三崎丸」というテーブル・カウンター式の回らない寿司屋。

回らない寿司屋という言葉を聞くと高級店をイメージするかもしれないが、すし三崎丸では1貫100円〜とかなりリーズブルな値段で提供している。

ランチや外出時などちょっとした時に気軽に立ち寄れる寿司屋になる。

■店舗

店内は回転レーンが無いのでコンパクト。

寿司はカウンターの前にいる職人が握ってくれる。

結構本格的。

■カウンター

通常のランチメニューでは握りセットや海鮮丼などがあるのだが、今回はフェアメニューのちょっと豪華なセットを注文した。

■握りセット

味噌汁もついてかなりボリュームがあるが、値段は税別1,290円と良心的。

大変満足。

すし三崎丸ではこの他にもビール・日本酒・焼酎などのお酒も充実しており、刺し身や揚げ物などの一品物も提供している。

■お酒

ほとんどが駅チカ店舗なので「仕事帰りに一人で一杯」というシーンにもピッタリのお店となる。

回転寿司チェーンだとなかなかそれはやりにくいので「すし三崎丸」はおすすめ。

吉野家系列の寿司屋

今回訪れた「すし三崎丸」は吉野家ホールディングス子会社の株式会社京樽が運営する寿司屋。

駅中や駅近立地型のお店で店舗はそこまで大きくない。

一般的な回転寿司チェーンがファミリー層をターゲットとしているが、すし三崎丸は買い物客やお出かけ客を狙っていると思われる。

そして京樽はすし三崎丸以外にもいくつかの寿司屋ブランドを展開している。

■吉野家系列京樽が運営する寿司屋

・すし三崎丸
・海鮮三崎港
・すし遊洛
・日本橋粋

◯海鮮三崎港

上記はイートイン型の寿司屋だが、更にテイクアウト型の寿司屋兼惣菜屋も運営している。

■運営寿司屋(テイクアウト店)

・京樽
・関山
・すし三崎港
・味燈守卓
・Sushi Avenue K’s

◯京樽

名前が高級店っぽいが意外と商品はリーズナブル。

デパートに出店しているケースが多い。

吉野家ホールディングスの株主優待

今回使ったのは吉野家ホールディングスの株主優待。

同社は保有数別の優待を行っており、単元株100株保有だと年間6,000円相当が貰える。

■保有株数別優待
保有株数 5月 11月
100株以上 3,000円分 3,000円分
1,000株以上 6,000円分 6,000円分
2,000株以上 12,000円分 12,000円分

保有株数を100株⇒1,000株と10倍に増やしても優待は6,000円分⇒12,000円分と2倍にしか増えないため、単元株保有が最も投資効率が良い。

今回の京樽運営店舗のほか、吉野家HDの株主優待はグループが運営する複数の飲食店で利用することが出来る。

具体的には次の店舗。

■株主優待が使える店舗(一部)
会社名 吉野家 アークミール はなまる 京樽 グリーンズプラネット
ブランド 吉野家 ステーキのどん はなまるうどん 京樽 一口茶屋
そば処吉野家 どん亭 うまげな すし三崎港 ドンブリー
フォルクス さぬき麺屋 関山 石焼ビビンパ
donイタリアーノ つるさく 海鮮三崎港 レムソンズ
パスタリアーノ さぬきう丼横丁 すし三崎丸 ピーターパン

ステーキ屋とかも運営している。

◯吉野家系列のステーキ屋

先日、吉野家の株主優待を使ってフォルクスへステーキを食べに行った。 実はここは吉野家グループということで、2016年より株主優待が使え...

牛丼屋だけじゃないんですよ。

個別株投資・株主優待をきっかけに企業を知る

一般的に吉野家と聞くと牛丼屋をイメージするかもしれないが、今回のように実はグループで様々なジャンルの店を運営している。

これは普通に生活していただけじゃ気づかない。

そういった意味では、個別株投資を通じて企業の事をより詳しく知るようになり、さらに株主優待があれば、実際に店に行って雰囲気や客層などを知る良いきっかけになる。

ゆくゆくは企業の宣伝にもなるので株主優待は良い制度だと思う。

ちなみに自分は吉野家HDの株を買ってから「はなまるうどん」が吉野家系列だと知りました。

◯吉野家グループのはなまるうどん

うどん専門店のはなまるううどん。シンプルなかけうどんは大盛りがたったの330円。これがあればお金不足でも生きていけそう。 しかもはなま...

以上です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事・スポンサーリンク