海外移住ビザMM2Hを取得して1年経過!移住しなくても得られるメリット

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 7

海外移住先として人気のマレーシア。

現地に長期滞在できるビザMM2Hを取得して1年以上が経過した。

現時点で移住をするつもりはない(お金が無くて出来ない)のだが、日本在住であっても恩恵は得られているので、今回ぜひご紹介したい。

MM2H(マレーシア・マイ・セカンドホーム)とは?

マレーシアのMM2Hとはマレーシアに長期滞在が出来るソーシャルビジットパス。

このビザを取得するとマレーシアへの出入国が完全自由になり、現地人と同じく銀行口座を開いたり、生活の拠点を持つことが可能となる。有効期限は10年でその後も更新が出来る。

ビザ取得には2つのステップがあり、最初は金融資産や収入などを書類でチェックする仮審査で、次は仮審査通過後に現地で行うビザ受取りの本審査。

MM2Hは基本仮審査さえ通過すればビザは貰えるため、最初のステップが大事だと言われている。

仮審査でチェックされる資産条件はMM2Hセンターにて案内をされており、50歳未満と50歳以上で条件が分かれている。

■MM2H資産条件:50歳未満
◯資産条件
⇒50万リンギット(1500万円)
◯収入条件
⇒月収1万リンギット(30万円)相当

■MM2H資産条件:50歳以上
◯資産条件
⇒35万リンギット(1050万円)
◯収入条件
⇒月収1万リンギット(30万円)相当

※1リンギット=30円計算

不動産は資産と見なされないが株はok。収入は税金を差し引いた手取り額での証明が必要。

MM2Hの取得理由

次はなぜMM2Hを取得したかについて。

自分がMM2Hを取得した理由は主に①好条件下での投資活動と②日本以外に住める権利の早期取得の2つ。

学生時代に初めてマレーシアを訪れて以来、この2点を目的にビザの取得を狙い続けていた。

①有利な条件で投資活動をする

最初の目的が海外での口座開設と資産運用。

マレーシアは銀行の定期預金が年利3%以上もある国。単純に1000万円を銀行に預けていればそれだけで年間30万円以上も金利収入が得られる。一方日本の利率は高くても0.1%程度なので金利収入はたった1万円。この差はでかい。

この金利差に着目し、より有利な条件のマレーシアで投資をしたいというのが一番の狙い。

また、かつて日本でも経済成長期に定期預金利率が3%以上になる時代もあったが、その時の勢いがマレーシアにあると考えると銀行定期預金のみならず、株式投資でも十分な利益を狙うチャンスがある。

現地を訪れると経済発展が進んでいるというのがよく分かる。

そして何よりマレーシアでは銀行利息または配当への課税や有価証券売却益への課税が0%になっているため、投資環境としてはかなり恵まれている。

マレーシアでは観光ビザだけで外国人が銀行口座・証券口座の開設をすることはできないため、これらのメリットを享受するには何かしらのビザ取得が必須になる。

②海外での生活権利を早期取得する

マレーシアを含めて多くの国では、日本のパスポートを持っていれば3ヶ月間の現地滞在が許される。

しかし、あくまでも観光目的での入国なので、銀行口座開設が困難だったり、滞在期限を超えないように出国入国を繰り返す必要があったり、現地で暮らすには制約がかかる。

このため長期滞在時には、国の認証を受けて目的に合ったビザを取得しておくことが大切になる。

一般的に移住ビザ・長期滞在ビザは過去の例を見ると、取得条件が段々と厳しくなっていく傾向にある。そんな中でもマレーシアはまだ条件がゆるく、資産さえあれば年齢問わず入手することができる。

そんなことで将来の海外居住のために、ビザを早期取得しておくというのがもう一つの狙い。

MM2Hの有効期限は10年ではあるが、最初に権利さえ得てしまえばあとは更新もできるので早目に手に入れておいて損は無い。

MM2Hで得られたメリット

前置きが長くなったが本題。

MM2Hを取得して1年が経過し、いろいろ楽しめているので1つ1つご紹介したい。

高金利定期預金

まずはMM2Hを取得したことで開設できた高金利の定期預金口座。

ビザ取得と合わせて現地に約800万円相当をデポジットとして銀行定期預金に預けているのだが、その利率は3.65%もある。

先月ちょうど満期を迎え約30万円相当の利息が得られた。

◯海外銀行口座利息約30万円

先日マレーシアの銀行口座に定期預金の利息が振り込まれた。 金額は11,309.92マレーシアリンギット。 ■利息入金 受...

しかも元本は自動更新にしているのだが、更新後の利率は3.85%に増えている。

日本では考えられない利率。

マレーシアで得た利息は、現地で使うことはもちろん、日本のATMから日本円で引き出したり、カード決済でそのまま精算に使ったりすることが出来るため、日本の外貨預金と比べてもかなり自由度が高い。

年会費無料のブラックカード

次は現地で入手したブラックカード(VISA Infiniteカード)。

口座開設をしているマレーシアの銀行では、預金額が一定額を超えると優遇資格が得られ、会員限定のブラックカードを年会費永年無料で申し込むことが出来る。

■ブラックカード

年会費無料と言ってもサービスは決して劣っておらず、アジア主要国の空港ラウンジに無料で入れたり、コンシェルジュサービスが日本語で使えたり、あるいはホテルのアップグレード特典が受けられたりする。

これもMM2Hを取得しなければ得られなかったもの。

現地証券会社の口座

次は現地証券口座の開設。

マレーシアで銀行口座を開けたので、証券口座も申込むことが出来る。

マレーシアは銀行定期預金が3%以上もあり、マレーシア株になると更に高い配当を出す企業も多い。

例えば同国最大手銀行株なんかは配当利回りが5%もある。

◯Maybankの配当

マレーシア最大手の銀行メイバンク(MayBank)より配当金が振り込まれた。 金額はショボいけど配当利回りは購入時換算で6%。...

ただ利回りが高けりゃそれで良いと言うわけではないが、日本では決して見られない数字に魅力があるのは事実。

現在約140万円相当の現地株を保有しており、その平均利回りは6.2%。今後も積極的に投資額を増やしていく予定。

タイの金融口座

次はマレーシア以外の国に開設した金融口座。

MM2Hの取得時に口座開設をした銀行は、アセアンでも事業を広く展開をしており、優遇会員資格が得られると他国の系列銀行に口座を開く事が出来るようになる。

そんなことでビザ取得後にこの特典を使って、まずはタイで銀行と証券会社の口座を開いている。

■タイの口座開設

最近タイの銀行口座開設が厳しくなっていると言われている中、メールのやりとりでスムーズに手続きが行えるのは非常にありがたい。

外こもりに最適なタイで金融口座を持てたのはかなり大きい。

この他にもシンガポールやカンボジア、インドネシアなど複数の国で銀行口座を持つことも可能。

海外に生活拠点を持てる権利

次は海外居住に関する権利。

日本人であればパスポートのみで数ヶ月間滞在できる国は多いが、MM2Hを取得していれば滞在日数制限やビザラン規制、入国審査などに不安を持つ事もなく、マレーシアで生活を送ることができる。

また現地で正式に金融口座を持てるので、投資活動を通じてマレーシアの経済成長の恩恵を受けながら現地生活の糧を増やすことも出来る。

その他にも、万が一日本で大規模な自然災害や大事故が発生した時や、有事の際に逃げる先があるというのは非常に大きなメリット。

もっと現実的な話しをすれば、今後日本の税負担があまりにも酷くなってしまった時には、日本非居住者となって海外へ退避するということも可能になる。

MM2H取得によって日本以外に生活拠点を持つ権利が正式に得られたのはやはり大きい。

現実を見てMM2Hを積極的に活用する

メリットを紹介してきたが最後に個人的な意見を書く。

単なる理想として、あるいはイメージ先行として海外移住を夢見る人も少なからずいると思うが、理想と現実はかなりギャップがあると思っている。

MM2Hも同じで、これを取得したからと言って「海外でより豊かに暮らせる」とか「より有利な環境で投資が出来る」とかいった類いの理想が、必ず現実になる訳ではない。

実際にMM2Hを取得して移住をしても数年足らずで日本に戻ってきてしまう人もいるので、あまりMM2Hに夢を見すぎず、現実を捉えて何に活用が出来るのかをしっかり考えて行動に移すことが大事だと思っている。

自分も常に最悪のケースと撤退プランを意識してMM2Hを活用しているので、本件のみならず、何か理想だけで行動を起こそうとしている人は、一旦踏みとどまってよく周りを見回した方が良いと思っている。

表面上見えているものだけが全てでは無いので、客観視してみることが大事。

以上です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事・スポンサーリンク

コメント

  1. intercontipapa より:

    以前投稿されていた年利30万は驚きました。素人考えで恐縮ですが、今まで日本円の通貨信任が強かった理由に、偽造が困難、というものがありましたが、ALIPAYのような電子マネーが、人口の多い中国やインドで普及し、その差が無くなってくると、製造業だけでなく日本円もこのまま強さを保てるのか怪しいところです。Mdishさんが言われる通り、マレーシアに猪突猛進で移住するのはいけないと思いますが、やはり万が一の時の逃げ道があるのは大きいと思います。私も614千円MM2H費用貯めました。

    • mdish より:

      ありがとうございます。ご指摘どおり日本円の価値は新興国や新決済手段の台頭で過去よりかなり落ちていると思います。

      また今後日本で何が起こるか全く分かりませんので、他国の通貨資産を保有しておくことは非常に有効だと信じています。