マレーシアCIMB銀行のプリファード会員向けに新しいデビットカード(CIMB Preferred Debit)が発行された。従来からあるブラックカード(CIMB Preferred Visa Infinite)よりも優れていると思う

シェアする

CIMB銀行のプリファード会員向けにいつのまにか新しいデビットカードが発行されている。

従来よりプリファード専用のクレジットカードは発行されているが、サービス内容を比べると新しいデビットカードの方が良い気がしている。

ぜひご紹介したい。

新しく発行されたCIMB Preferred Debit Mastercard

今回新しく発行されたのはCIMB Preferred Debit Mastercardというデビットカードとなる。

このプリファードというのは一定額以上の資産を預けている会員が得られる資格のことで各種サービスの優遇が受けられる。

今回のデビットカードも一般会員には提供されないプリファード限定のカードとなっている。

■CIMB Preferred Debit Mastercard

プリファード向けデビットカードの付帯特典

新しいデビットカードは年会費無料なのに日本で年会費数万円するようなカード相当の特典が付帯している。

まずは基本スペックから。

■スペック

・年会費:無料
・入会資格:18歳以上のプリファード会員
・利用:ショッピングのみ(キャッシング、リボルビング不可)

・限度額:口座預金の範囲(デフォルトはRM20,000)

デビットカードなので口座預金の範囲内でショッピングのみの利用が可能。カード利用時はその場で引き落とされる即時払いとなる。

次にカードの付帯特典。

■付帯特典

1.プリファード会員証
2.海外手数料無料
3.空港ラウンジ無料
4.ポイントサービス

それぞれ詳細を説明。

1.プリファード会員証

これはデビットカード自体がプリファード会員の証明証代わりになっているというもの。

CIMB銀行の支店にはプリファード専用の駐車スペースや手続きフロアが用意されているので、会員資格があると何かと役に立つ。

■専用フロア

通常フロアが一般のお客さんでごった返す中、専用フロアーでコーヒーを飲みながらゆっくりと手続きが行える。

■書類手続き

2.海外手数料無料

次は海外利用時の為替手数料が無料になるという特典。

海外でカードを利用すると銀行やカード会社は独自の手数料を為替レートに上乗せして請求してくる。

日本であればクレジットカードで1.60%〜2.20%、デビットカードで3.00%〜とかなり高い手数料率が設定される。

外貨で決済した場合の換算レートについて

外貨でのショッピングご利用代金は、Visa、Mastercard、または中国銀聯(以下、国際提携組織)の決済センターに売上データが到着した時点で、国際提携組織が指定する為替レートに、弊社が海外事務処理手数料として所定の費用を加えた為替レートで日本円に換算します。

※海外キャッシュサービスについては、上記経費を含みません。
お持ちのカードによって弊社が加える手数料が異なりますので、下表にてご確認ください。

商品種別 カードブランド 事務処理手数料率
(含む消費税等)
クレジットカード Visa・Mastercard 2.20%
銀聯 2.50%
デビットカード Visa 3.05%

三井住友カードホームページより

一方で今回発行されたデビットカードはこの上乗せ手数料無しで海外利用が出来る。

海外旅行時や日本の帰国時などで追加費用を気にすることなくカードが使えるので非常に良い。

■日本でカード利用

3.空港ラウンジ無料

次は空港ラウンジ無料特典。

内容は空港ラウンジ運営会社が展開するPlaza Premium Loungeを年8回まで利用できるというもの。

対象空港とラウンジは下記となっている。

■対象ラウンジ
マレーシア
クアラルンプール国際空港
Plaza Premium Lounge
Flight Club
クアラルンプール国際空港(klia2)
Plaza Premium Lounge
Wellness
ランカウイ国際空港 Plaza Premium Lounge
ペナン国際空港 Plaza Premium Lounge
クチン国際空港 Plaza Premium Lounge
シンガポール
シンガポール・チャンギ国際空港 Plaza Premium Lounge
The Green Market
BLOSSOM – SATS & Plaza Premium Lounge
TGM&Root98
カンボジア
プノンペン国際空港 Plaza Premium Lounge
シェムリアップ国際空港 Plaza Premium Lounge
シアヌークビル国際空港 Flight Club
香港 香港国際空港 Plaza Premium Lounge
マカオ マカオ国際空港 Plaza Premium Lounge
上海 上海浦東国際空港 No. 77 China Eastern Lounge
台湾 台湾桃園国際空港 Plaza Premium Lounge
カナダ
トロントピアソン国際空港 Plaza Premium Lounge
バンクーバー国際空港 Plaza Premium Lounge
エドモントン国際空港 Plaza Premium Lounge
フィリピン マクタン・セブ国際空港 Plaza Premium Lounge
インドネシア スカルノハッタ国際空港 Saphire – Plaza Premium Lounge
イギリス ロンドンヒースロー空港 Plaza Premium Lounge
オーストラリア
メルボルン空港 Plaza Premium Lounge
シドニー空港
Plaza Premium Lounge
SkyTeam Lounge
アラブ首長国連邦 ドバイ国際空港 Plaza Premium Lounge
フィンランド ヘルシンキ空港 Plaza Premium Lounge

利用可能な空港は一部に限られているがそれでも年会費無料でここまで使えるのは非常にありがたい。

ラウンジ利用時にはデビットカードと搭乗券を渡せばよい。

■ペナン国際空港国内線のラウンジ

カード自体にラウンジパス機能が備わっているのでプライオリティパスのような専用カードを持ち歩く必要もない。

■カード自体がパス機能を持っている

Plaza Premium Loungeは日本の空港のしょぼいラウンジと違ってしっかり食事も提供されている。

■ラウンジでタダ飯&タダ酒

4.ポイントサービス

最後はポイントサービス。これは全くお得感は無いが一応紹介しておく。

CIMBではボーナスポイントと呼ばれる共通サービスがある。デビットカードRM4(≒120円)の利用ごとに1ポイントが貯まり、ポイントは各種商品やクーポンと交換することが出来る。

■交換先(一例)

ただ上記を見れば分かるようにスタバやマック、KFCなどのクーポン1500円分の交換に必要なのはポイント数は22,900ポイントとなっており、単純にカード利用だけで貯めようとするとRM91,600(≒270万円)ぐらい使わないといけない。

これが全くお得ではないと言った理由。

ボーナスポイントはこれ以外にも預金残高や銀行取引に応じて貯まる仕組みがあるのでそれらを組み合わせればもっと貯まるのだが、カード利用だけではなかなか厳しい。

新しいデビットカードと従来のクレジットカードの比較

プリファード会員向けには従来よりクレジットカード(Visa Infinite:ブラックカード)が提供されており今までいろいろと特典を使わせて貰っている。

どちらもプリファード向けということで似たような特典は内容になっているが次の点で違いがある。

■比較
デビット クレジット
年会費 無料 無料(ただし税金RM25/年
支払い 即時払い 後払い
利用 ショッピング ショッピング/キャッシング/リボ
空港ラウンジ 年8回まで無料 年8回まで無料
海外手数料 0.00% 1.00%
ポイント RM4=1ポイント RM1=1~8ポイント
担保金 不要 定期預金RM10,000必要
コンシェルジュ なし あり
ホテル優待 なし あり

青字がGoodで赤字がBadな点。

クレジットカードに関しては銀行としての年会費は無料なのだが、マレーシアではカード1枚毎にサービス税が徴収されるので実質RM25(≒750円)が年会費みたいになっている。

また海外利用手数料は日本よりは安いが1.00%が発生するのもデビットカードと比べると不利になる。

そしてクレジットカードなので審査が必要になるが外国人は審査する情報がないためRM10,000を担保金として定期預金にする必要がある。これらは全てマイナスポイント。

一方でVisaのコンシェルジュとホテル優待が使えるのはデビットカードには無い特典。

○ブラックカードでホテルアップグレード

先日旅行でブラックカードのホテル特典を使った。 内容は無料のアップグレードとレイトチェックアウト。あとは施設内の飲食で使えるホテルクレ...

デビットカードに関してはGoodな点が少ないがBadな部分も無い。従って総合的に見るとクレジットカードより優れていると思っている。

現在一般デビットカードからの切り替えを依頼中なので届いたらまた更新したいと思います。

以上です。