ステーキハウス フォルクスのランチはおすすめ!吉野家の株主優待が使えます

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 7

先日ステーキハウス フォルクスへランチを食べに行った。

ランチには焼き立てのパン食べ放題とスープバーが付いて、内容もボリュームがありかなりおすすめ。

運営元が吉野家グループということで株主優待券も使える。

ぜひご紹介したい。

ステーキハウスのフォルクス

ステーキハウス フォルクスは株式会社アークミールが運営するステーキレストラン。

日本で初めてサラダバーを提供したファミレスということで、種類が豊富なサラダバーメニューが有名。

その他にも焼き立てのパンが食べ放題になるブレッドバーも同店の特徴となっている。

■フォルクス

現在アークミールは吉野家ホールディングスの傘下であるため、吉野家HDの株主優待を使うことが出来る。

フォルクスのランチメニュー

今回訪れたのは14時ごろのランチタイム。

フォルクスのランチは①平日日替わりランチ、②日替わりランチ(日祝除く)、③通常ランチの三種類がある。

平日日替わりランチは税込み500円と非常にリーズナブル。

■平日日替わりランチ

■日替わりランチ

■通常ランチ(一部)

※フォルクスホームページ(http://www.volks-steak.jp/menu/index.html)より

どれもパン(おかわり自由)またはご飯、スープバーがセットになっていて、パンとご飯は両方貰うことも可能。

サラダバーとドリンクは別料金。

フォルクスの通常ランチ

今回注文したのは通常ランチのスペシャルコンボ。

ハンバーグと切り落としビーフソテーのセットで値段は税別1330円。

■スペシャルコンボ

これに150円のランチドリンクでコーヒーを注文。

パンとスープを用意して少し待ってから来たのがこれ。

■ハンバーグ&切り落としソテー

かなりボリュームのある内容。

そしておかわり自由のパンとスープは様々な種類が用意されている。

■ブレッドバー

■スープバー

スープバーのコーンポタージュにはちゃんと上に乗っけるパンみたいなやつ(ググるとクルトンと言うらしい)も用意されていて嬉しい。

そしてランチドリンクのコーヒーはおかわり自由で、アイスまたはホットどちらも選択が可能。

■アイスコーヒー

デニーズとかミスタードーナツとかホットコーヒーのおかわり自由はよく見るが、ドリンクバー方式以外でアイスコーヒーも追加し放題というのは結構珍しい。

ランチ後のコーヒータイムもばっちり

ランチメニューに含まれるパンの種類にはブルーベリーパンやレーズンパンなどの甘めのものも用意されている。

これにおかわり自由のコーヒーを加えることで、食後のコーヒータイムも済ます事が出来る。

■パンとコーヒー

様々なパンが試せて非常に良い。

個人的にはブルーベリーパンが美味しかった。

吉野家ホールディングスの株主優待

今回のフォルクスを運営するアークミールは吉野家HD傘下ということで株主優待が使える。

請求1490円のうち、株主優待券1500円分で支払っている。

■支払い

株主優待は保有株数に応じて優待内容が異なるが、単元株100株保有で年間6000円分が貰える。

■保有株数と株主優待
保有株数 中期 期末 年間合計
100株以上 3000円分 3000円分 6000円分
1,000株以上 6000円分 6000円分 12000円分
2,000株以上 12000円分 12000円分 24000円分

自分は長い期間100株のみ保有し続けているが、過去と比べて株主優待が使える店舗が増えていて非常にありがたい。

■株主優待利用可能店舗
会社名 主なお店
株式会社吉野家 吉野家、そば処吉野家
株式会社京樽 京樽、すし三崎港、海鮮三崎港、三崎丸
株式会社アークミール ステーキのどん、フォルクス
株式会社はなまる はなまるうどん
株式会社グリーンズ プラネット ピッツァナポレターノカフェ、からから家、一口茶屋

有名なところであれば吉野家の他に「はなまるうどん」がある。

まだ行ったことのない店舗も複数あるので、いろいろ開拓していこうと思っている。

ちなみに同じアークミール運営の「ステーキのどん」はこちらで紹介している。

◯ステーキのどん

吉野家の株主優待利用の連チャン記事。 今回は吉野家HD傘下の株式会社アークミールが運営するステーキのどんでの利用。 ここはお手頃...

また寿司屋とかもある。

◯すし三崎丸

吉野家の株主優待を使って、グループ企業の株式会社京樽が運営する「すし三崎丸」で寿司を食べてきた。 ちょうど本マグロフェアをやっていたの...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事・スポンサーリンク