超高金利の南アフリカランド外貨預金が満期になった

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 10

先日ソニー銀行に預けていた南アフリカランドの外貨預金が満期を迎えた。

利率は脅威の6%。

全く見向きもされない外貨預金だが、この機会にぜひご紹介したい。

外貨預金について

外貨預金なんか眼中に無いって人も多いと思うので一応説明しておくと、外貨預金とは銀行に外貨を預け入れ、資金を外貨建てで運用する投資の事。

具体的には日本円から他国の通貨に両替をし、その通貨で普通預金や定期預金に預け入れるというもで、得られる収益は主に次の二つになる。

  1. 利息
  2. 為替差益

1.は日本と比べて金利の高い外国通貨で利息を稼ぐというもの。

この場合マイナス金利にならない限り利息は貰えるので損はない。(語弊が無いように説明すると為替を見ず外貨だけで見ればマイナスにはならない)

2.は日本円⇒外貨と外貨⇒日本円のそれぞれの両替タイミングで差益を稼ぐというもの。

例えば1ドル=100円でドルへ両替し、これが1ドル=120円の時点で日本円に戻せば1通貨あたり20円の儲けになる。

そしてお分かりのとおり逆に1ドル=90円になれば差損が生じる。

ただ、外貨預金で勘違いしている人も多いと思うが、日本円⇔外貨の両方向の両替タイミングは自分で決めることが出来るため、為替が悪いと思ったら外貨のままで持ち続けるということも可能。

外貨預金はあくまでも銀行預金。

利息狙いで南アランド通貨の外貨預金をする

自分が外貨預金をやっているのは主に高金利通貨での利息収入狙い。

今預けているのが外貨の中でも特に利率が高い南アフリカランド通貨。

預金先はソニー銀行で、期間にもよるが6ヶ月定期預金で6%もの利息を得ることが出来る。

■南アランドの利息※ソニー銀行南アフリカランド金利情報(http://moneykit.net/visitor/rate/fd_zar.html)より

資金は元々は6年近く前に興味本位で購入した南アランド建て社債分を使っており、償還を迎えた後もせっかくなのでという事で南アランド建て通貨で運用をしている。

社債を買ったSBI証券から、今回のソニー銀行へとわざわざ外貨建てでの資金移動まで行っている。

南アランド外貨預金の運用実績

今回の入金は、今年1月に組んだ6ヶ月定期預金の元本と利息分。

現時点の為替レートで換算すると約22万円の預入額で5千円程が利息として得られた。

■6ヶ月定期実績
  外貨 円貨
元本 26,626 ZAR ¥225,520
利息 637 ZAR ¥5,392
受取額 27,262 ZAR ¥230,913

※1ZAR=¥8.47換算

また南アランドでの外貨預金を始めてから、現時点までの実績は次のとおり。

■取引履歴
取引日 摘要 入金 出金 残高
2016年03月16日 振替 ¥259,769   ¥259,769
2016年04月16日 定期利息 ¥890   ¥260,659
2016年05月16日 定期利息 ¥897   ¥261,556
2016年06月16日 定期利息 ¥781   ¥262,337
2016年07月13日 デビット   ¥42,238 ¥220,099
2016年07月16日 定期利息 ¥757   ¥220,856
2016年08月22日 普通利息 ¥162   ¥221,018
2016年10月16日 定期利息 ¥2,374   ¥223,392
2017年01月16日 定期利息 ¥2,128   ¥225,520
2017年07月17日 定期利息 ¥5,392   ¥230,913

途中で一部支払いに使ってしまったが、6%の利率で回せていると考えればなかなかおいしい。

外貨のままカード払いで使えます

なぜ、SBI証券で保有していた南アランド建ての満期償還資金をソニー銀行へ移動させたかと言うと、ソニー銀行が提供している外貨決済機能を備えたSony Bank WALLETというデビットカードを使うため。

■Sony Bank WALLET

Sony Bank WALLETはソニー銀行が発行するデビットカード。

カード決済をするとソニー銀行の口座から即時引き落としがされるのだが、ここは他の銀行が発行しているデビットカードと変わりはない。

Sony Bank WALLETが優れているのは、世界11種類の通貨決済に対応していて、対象通貨でカード決済を行うとソニー銀行の外貨預金口座から直接外貨で支払いがされる機能があるということ。

例えばソニー銀行の米ドル外貨口座に100ドルが入っていたとして、Sony Bank WALLETを使ってアメリカで100ドル分の決済をすると、直接外貨預金口座から100ドルが引き落とされる。

通常のクレジットカードであれば、決済時点の為替にて100ドルが日本円に両替され、手数料を上乗せして日本円請求がされるのだが、Sony Bank WALLETであれば為替の影響を受けることもなく、また手数料もかからずに直接外貨で支払える。

また、万が一外貨口座の資金がが足りなくても日本円口座から不足分を引き落としてくれるので不自由は無い。

とても便利。

Sony Bank WALLETが直接決済に対応している通貨は日本円を含めて次の11種類。

  • 日本円
  • 米ドル
  • ユーロ
  • 英ポンド
  • 豪ドル
  • NZドル
  • スイスフラン
  • 香港ドル
  • カナダドル
  • スウェーデンクローナ
  • 南アランド

米ドルやユーロなど主要通貨に対応している事に加え、今回の高金利通貨の南アフリカランドも対応しているというのが最強。

南アランド通貨決済でホテル予約をする

外貨決済に対応していうということで、自分が過去試しているのが旅行予約サイトでのホテル予約。

旅行予約サイトによっては支払通貨を自分で選ぶ事が可能になっている。

そこで日本に居ながらでも決済通貨を南アフリカに設定することで、Sony Bank WALLETを使って外貨預金口座の通貨で支払うことが出来る。

自分が昨年試した内容だとこんな感じ。

■南アランド通貨でホテル予約

支払通貨にZAR(南アランド)を選択したので請求はZAR建てになっている。

そして過去日本円で予約をした内容だとこんな感じで、JPY表記の日本円請求になっている。

■日本円通貨でホテル予約

南アランド通貨決済に対応している旅行予約サイトは現時点で、agodaとKaligo。個人的にはホテル予約でマイルが貯まるKaligoはオススメ。

何回も同じことを書いている気がするが、南アランドの高金利で稼ぎつつ、年1回は外貨決済で良さげなホテルに泊まるってのが理想。

とにかく南アフリカランドで利息を稼いで、Sony Bank WALLETで決済に使うという組み合わせは最強だと思っている。

興味を持った方はぜひお試しください。

以上です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事・スポンサーリンク

コメント

  1. intercontipapa より:

    ヒルトンKLの決済を南アフリカランドでやるとか、さすがですね!
    めっちゃCutting Edgeですわ。CIMB Visa Infinite使ってリンギット決済で
    日本生活されている方でないと思いつかないと思います。

    マネしたいのはやまやまですが、今年はダイナースプレミアム修行で
    海外ではほとんど使えないダイナースクラブに極力決済を集中しているのと
    ソニー銀行だとマイルとかポイントが貯まらないのが少々残念ですかね。

    でも利子でラグジャリーホテルに泊まれてるとか、旅行中に運用で全部
    旅費まかなっちゃいましたみたいなの大好きなので、醍醐味は分かります。

    • mdish より:

      そうですね。日本円決済であれば0.5~2.0%のキャッシュバックが受けられますが外貨決済だと還元一切なしですね。

      マイル還元率2%のダイナースプレミアムですね!
      ぜひインビゲットできると良いですね

  2. intercontipapa より:

    ありがとうございます。修行から解放されたら、デビットカードも研究してみようと思います。オッサンのため、今年は会社の10年褒賞休暇があるので、そこでハワイ旅行80万決済し、ダイナースに突撃。インビゲットできたら今のブラック企業にもう用はないので転職をガチで考えようとしてます。勤続年数ゼロクリアされると多分上級カードのインビはキツくなるでしょうし。