コロワイドの株主優待で北海道のランチ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

コロワイドの株主優待ポイント1万円分が3月末で付与されたので早速ランチで使う。

今回は居酒屋北海道へ。先日コロワイドグループを離れてしまった濱町と違ってクオリティはやはり高い。

株主優待利用実績

・請求金額:1280円
・株主優待利用:−1280円
・現金支払:0円

コロワイドの株主優待

コロワイドの株主優待はグループの店舗で使える株主優待ポイント制で年4回に分けて1万ポイントずつ合計4万円相当が付与される。

1ポイント=1円分として飲食代に充当でき、有効期限は1年間。

年間4万円分ももらえる高待遇の株主優待としてコロワイドはかなり有名。

■コロワイド株主優待ポイント

◯ポイント付与

◯ポイント利用

ポイント優待はコロワイドでは3月・6月・9月・12月末に1万ポイントが付与されるが、同じコロワイドグループのアトムは6月・12月末に2万ポイントが付与される。

両社の株を持っていれば年間8万円分も貰えてしまう。

居酒屋北海道

多くのブランドがあるコロワイドグループの居酒屋の中でも最も高めの値段設定をしているのが居酒屋北海道。

ただ、ランチの狙いで行けばお得においしく食べることが出来る。

■居酒屋北海道のランチメニュー


今回注文したのは海鮮丼。1180円と濱町よりは少し高めだが、高級路線の北海道だけあってクオリティは明らか違った。

こちらに100円でドリンクバーをつけた。北海道のランチメニューはいろいろあるので、全部試してみたい。

店舗によってランチ形態は違うようで一部ではビュッフェ形式になっているとか。

ホームページ上で案内がないので非常にわかりづらい。

居酒屋でドリンクバー

居酒屋でドリンクバーというのは違和感があるが、北海道のランチメニューでは+100円でドリンクバーが付けられる。

流石にファミレス程内容が充実しているわけではないが、コーヒーや紅茶もあり食後もゆっくり時間を過ごすことが出来た。

■居酒屋北海道のドリンクバー

居酒屋でも昼の時間の売上をあげるためにランチメニューを取り入れている店は多く、今回行った店舗もランチをされている主婦層が多かった。

飲食業界はファミレス業界と居酒屋業界で、区別がなくなりつつあり、両者あれこれ工夫をしている。

そのため、ランチは客獲得のためお得な価格設定をしている場合が多いので、自分としてはこれを上手く使って株主優待を楽しみたいと思う。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事・スポンサーリンク