あおぞら銀行(8304)から四半期配当

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 9

先日あおぞら銀行(3053)より四半期配当の振込があった。

金額は配当額は分割前の単元株1000株で4000円。NISA株なので税金はなし。

入金実績

■あおぞら銀行四半期配当
・保有株1000株
・四半期配当4円
・配当金額合計4000円
・税引後金額4000円(NISA口座)

四半期毎に配当が支払われる

一般的な企業は期末配当と中間配当で多くても年2回の配当支払いが行われるが、あおぞら銀行は毎四半期ごとに配当を行う施策をとっている。

権利確定日はそれぞれ3月末,6月末,9月末,12月末となり、配当金の支払いは約3ヶ月後に実施がされる。

■配当実績と今年度予想

第1四半期 第2四半期 第3四半期 期末 年間
2014年3月期 3 3 4 5 15
2015年3月期 3 3 4 5 14.9
2016年3月期 4 未定 未定 未定 18.40
(予想)

ちなみに四半期配当を行っている日本の銀行はあおぞら銀行のみと投資の魅力という会社IRページで紹介されている。

支払われる金額が同じであれば支払い手続きやら株主通知書の印刷・郵送コストが増えるだけなので個人的には極力無駄なことは避けてほしいと思っているが、投資家にとっては配当権利獲得のチャンスが増えるので使い勝手が良いのかも知れない。(逆に権利落ち後の株価下落の可能性も増えるが)

公的資金完済で配当性向50%へアップ

2015年6月にあおぞら銀行は公的資金の一括完済が完了した。それに伴い株主還元を増やすことを明言。昨年度の40%台から今年度は50%の配当性向と目標値を上げている。

配当金額は今年度予想で年間18.4円(昨年比+3.5円)で現時点の株価で配当利回りは4%を超えているので十分魅力のある投資先だと思う。(自分も利回りに釣られて買っている・・)
株主通信によるとあおぞら銀行は中小・中堅企業への営業に強みをもち、メガバンクにはないオリジナリティで業績を伸ばしているとのこと。

日本の90%を占める中小・中堅企業を支える銀行の1つとして頑張って欲しいと思う。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事・スポンサーリンク