「イタリアン食堂 オリーブの丘」はサイゼリヤより少し高めだがお手頃な価格帯のイタリアンレストラン。ゼンショーの株主優待券が使える

先日イタリアン食堂 オリーブの丘に訪れた。

ここはサイゼリヤよりは少し高めだがお手頃な価格帯のイタリアンレストラン。かなり良かったのでご紹介したい。

ゼンショーグループに属するので株主優待券も使えます。

イタリアン食堂 オリーブの丘とは?

オリーブの丘はゼンショーグループが関東で展開しているイタリアンレストラン。

サイゼリヤのような低価格帯のメニューを売りとしており、パスタやピザなどが500円程度で食べられる。

■オリーブの丘

商業施設に店舗を構えるパスタチェーンは多いが、オリーブの丘は郊外立地型で市街地のメイン道路沿いに出店している。敷地は広く駐車場も完備。

店内は広くかなり落ち着いた雰囲気。

■店内

客層は若者からご年配まで幅広い。

朝食にペペロンチーノとデザートにティラミスを頂く

オリーブの丘は朝10時オープンの店舗が多く今回は遅めの朝食で利用した。

今回は初めてということでメインのペペロンチーノ(¥429)にティラミス(¥374)とドリンクバー(¥209)を追加して注文。

■注文内容

ペペロンチーノの見た目がシンプル過ぎて薄そうに見えるがピリ辛のオリーブオイルでしっかり味付けがされている。

ティラミスは洋酒で風味が加えられており甘すぎずさっぱりしていて美味しい。

オリーブの丘とサイゼリヤを比較する

オリーブの丘はメニューがとても豊富。パスタとビザを中心にリゾットやドリア、ハンバーグなど数多く揃っている。

■メニュー(一部)

ここで気になるのは同じ低価格イタリアンのサイゼリヤとの比較。同じメニューで比べると次のようになる。

■価格比較(税込み)
オリーブの丘 サイゼリヤ
ペペロンチーノ ¥429 ¥300
カルボナーラ ¥539 ¥500
タラコ ¥429 ¥400
ミートソース(ボロネーゼ) ¥429 ¥400
イカ墨 ¥594 ¥500
マルゲリータ ¥539 ¥400
ドリア ¥539 ¥300

内容とかサイズとかの違いもあるので参考程度になるが、オリーブの丘はサイゼリヤより若干高めの価格設定。中には今回注文したペペロンチーノのように100円以上差があるメニューもある。(オリーブの丘が429円でサイゼリヤが300円)

ただ、この前数年ぶりにサイゼのペペロンチーノを食べたのだが、以前と比べて明らかに劣化しており今回のオリーブの丘の方が圧倒的に美味しく感じた。

■サイゼとオリーブの丘

こんど他のメニューも実食して比べてみたい。

ゼンショーグループとして低価格帯イタリアンへ殴り込みか?

オリーブの丘はゼンショーグループの株式会社オリーブの丘が展開しているブランド。

会社自体は2017年に設立されているようだが最近になって低価格帯イタリアンへゼンショーが本気で殴り込みをかけるつもりなのか、ホームページを整えたりグループ企業が運営していたハンバーグ専門店や和食専門店の不採算店舗を潰して積極的にオリーブの丘へ業態変更を行ったりしている。

■出店ラッシュ

オリーブの丘ホームページより

そしてこの流れの一環としてか2021年よりゼンショーHDの共通株主優待券がオリーブの丘でも使えるようになっている。

ゼンショーは従来よりパスタ専門店を運営する株式会社ジョリーパスタも傘下に持っているので今後どう棲み分けしていくのか戦略がとても気になる。

取り敢えずオリーブの丘はサイゼリヤよりも値段の割に質が高く、とても気に入ったので今後も定期的に通おうと思う。

以上です。

Posting....