タイの旧正月ソンクラーンに行われる水掛け祭りの様子を紹介!旅行者でもそこまでビビる必要はない

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 15

タイの旧正月ソンクラーンに行われる水掛け祭りに参加した際のレポをまとめる。

最初は街中を歩いているだけで水をかけられるのでは?とビビっていたが実際はそんなことはなかった。

水を掛け合うエリアはある程度決まっているので旅行で訪れる場合でもそこまで心配する必要はない。

タイのソンクラーンと水掛け祭り

ソンクラーンとはタイの旧正月のこと。毎年4月13日〜15日が祝日となりタイ全土で新年のお祝いが行われる。

この時期には年配者や親族の手に水を流して相手を敬ったり、仏像や仏塔に水をかけてお清めをするという伝統的な習慣がある。

■お清め

この習慣が転じて街で水を掛け合って楽しむのが「水掛け祭り」でソンクラーンの時期には各地で水掛け合戦が行われる。

■水の掛け合い

Q.ソンクラーンの時期は街を歩いているだけで水を掛けられてびしょ濡れになってしまうのか?⇒A.いやならないです

ソンクラーンの時期にタイ旅行へ行く人が心配するのが「街を歩いているだけで水を掛けられてしまうのでは?」という点だと思うが、実際に訪れてみた感想としてはそんなことは無いというものであった。

期間中、最も盛り上がりを見せるシーロム通りを歩いてみたのだが、水を掛け合うエリアと一般の通行エリアはちゃんと分けられており、日常生活を送る人に迷惑がかからないように配慮がされていた。

■水掛けエリア

■一般通行エリア

このように車道を歩行者天国にして水を掛け合うエリアとして定め、歩道は一般の通行人が支障なく通れるようになっている。

これであればびしょ濡れになる心配もない。

ただ注意すべきこととしてはなりふり構わず水鉄砲で狙ってくる空気の読めない輩がごくまれにいるのと、トゥクトゥクに乗って移動をしていると水掛けOKと認識されるのか高い頻度で狙われるという点になる。

それ以外では特に用心深くなる必要もなかった。

ソンクラーンで盛り上がる街の様子

ソンクラーンの時期は当日午前中までが準備期間で昼過ぎから本格的に祭りが始まる。

実際に盛り上がっている街の様子を紹介する。

ルンピニ公園

ルンピニ公園には出店や特設ステージが設置されて夜までお祭り状態となる。

水の掛け合いは給水場の近くで行われていた。

シーロム通り

シーロム通りは水掛け祭りが盛り上がる区域。

高架鉄道BTSの駅から様子を見ることが出来る。

サイアムエリア(サイアム・スクエア)

サイアムエリアはショッピングセンターが集まる繁華街。

盛り上がり具合の観点ではシーロムよりは大人しめ。

この他、カオサン通りにも行ってみたかったのだが時間の都合で今回はパスとなりました。

せっかくなので水掛け合戦に参戦して楽しみましょう

街中で盛り上がりを見せるソンクラーンの水掛け祭りだが、ご説明のとおり水を掛け合うエリアはある程度決まっているため、お祭りに参加しない人までもびしょ濡れになってしまうということはあまりない。

心配は特に不要。

ただ、ソンクラーンの時期にタイを訪れるのであればぜひ水掛け祭りには参戦してみてほしいと思う。

この時期のタイはとても暑いため掛けられる水が心地よく、びしょ濡れになってもすぐ乾くので不快感は全くない。

多くの人は水着の上にカラフルなシャツを着て携帯や財布などの手荷物は防水ケースに入れて参加しているが、これらは全て現地調達が可能。

ということでタイ旅行の計画を立てている人はぜひチェックをしてみてください。

意外と楽しいです。

以上です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事・スポンサーリンク