【2019年8月末時点】運用資産額と配当等受取金額と取引実績

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 14

月末の資産確認。

残高は約3,170万円でした。

運用資産額

先月よりドル転した分運用額は増えている。

内訳は次のとおり。

■運用額
現地通貨 日本円
日本株 ¥15,402,443 ¥15,402,443
マレーシア株 RM87,928.05 ¥2,220,711
タイ株 THB97,260.00 ¥338,071
シンガポール株 SGD1,902.00 ¥145,710
アメリカ株 USD17,873.90 ¥1,899,906
小計 ¥20,006,841
現金
リンギット RM312,486.78 ¥7,892,166
バーツ THB46,687.44 ¥162,283
シンガポールドル SGD3,635.64 ¥278,522
アメリカドル USD32,504.52 ¥3,455,068
小計 ¥11,788,040
総計 ¥31,794,881

今後も株はあまり買わずにキャッシュ比率を高める。

入金実績

8月の入金実績は約8.7万円。オプションを売りまくり。

■入金実績
入金日 銘柄 口座 金額
8/2 貸株金利 楽天証券 ¥5,484
8/6 Tプット IB証券 ¥1,159
8/6 Vプット IB証券 ¥15,869
8/9 RANHILL マレーシア ¥425
8/9 Tプット IB証券 ¥2,227
8/13 BTI IB証券 ¥6,490
8/14 BTIコール IB証券 ¥2,063
8/15 Z74 IB証券 ¥4,901
8/19 BTS タイ ¥2,342
8/19 Vプット IB証券 ¥7,012
8/19 サムティ 楽天証券 ¥8,367
8/21 Tプット IB証券 ¥1,265
8/26 Vプット IB証券 ¥18,903
8/26 キヤノン SBI証券 ¥8,000
8/29 TALIWORKS マレーシア ¥1,610
8/31 KOプット IB証券 ¥1,267
8/31 Interest シンガポール ¥232
合計 ¥87,616

証拠金を増やせばもっと売れるので引き続きキャッシュを積み上げていきたい。

当初目標のIB証券内口座資産10万ドルを目指していく。

IB証券の貸株サービスは期待していた程ではなかった。一方でキャッシュ残高に付く利息は良い感じ

ネット証券がやっている貸株サービスをご存知でしょうか?保有する株を貸し出して、期間に応じて金利を得るというサービス。

楽天証券やSBI証券では設定さえしていれば常時0.1%〜の利率で貸し出されるため小遣い稼ぎにはちょうど良い。今は評価額総額1,000万円程度の株を貸し出して毎月4〜6千円ほどの収入が得られている。

IB証券でもSYEP(Stock yield enhance program)という名称で同様のサービスが提供されており口座内資産5万ドル以上の投資家が申し込めるようになっている。

先日基準に到達したので申し込みをしてその後1ヶ月の実績を集計をしてみた。

結果は200万円程度の株を設定して得られたのはなんと84円・・。

■SYEPの結果

SYEPは貸株サービスと違って常時貸し出されるわけではないので元々あまり期待はしていなかったが、実績を見ると貸出時の利率は0.16%でしかも1日で返却されるという状況。予想以上に稼げないサービスということが分かった。

非常に残念。

一方で口座内のドル残高に付く金利はもっと稼げており340万円程度キャッシュを置いて1,340円ほどの利息が得られた。

■利息

IB証券では現在1.62%の米ドル基準利率が適用されており、口座評価額とキャッシュ残高に応じて利率が設定される。自分のケースだと0.4%程度の利率がついている。

日本の証券連携口座でも利率はせいぜい0.1%程度。それと比べると米ドル利率はかなりバブリー。というかインフレですね。

稼げるのは有り難いのでオプションの証拠金積み増しと合わせて利息での小遣い稼ぎを進めていく。

以上です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事・スポンサーリンク