夏休みの海外旅行用にANAのビジネスクラス航空券を買ってしまった

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

先日お得なANAのプロモーションが発表された。

成田・羽田⇔クアラルンプール路線がかなり安い。

ちょうど前から休暇も兼ねてマレーシアへ行きたいと思っていたので思わず買ってしまった。

エコノミークラス4万円台・ビジネスクラス9万円台

今回発表されたのはロングステイヤー向けのプロモーション。

9日以上6ヶ月以内の滞在で、成田・羽田⇔クアラルンプール間の往復料金がエコノミーで4万円台、ビジネスで9万円台と大幅に安くなっている。

1.販売期間
2017年11月17日(金)~2017年12月31日(日)

2.搭乗期間
2018年1月10日(水)~2018年9月30日(日)

3.設定路線
東京(成田・羽田)=クアラルンプール

4.運賃額(往復)

5.運賃適用条件

※ANAプレスリリース(https://www.ana.co.jp/group/pr/201711/20171120.html)より

残念ながら燃油サーチャージ・税は別途ということで、現時点で7800円程が加算されるのだが、それでもANAでエコノミー5万円未満とビジネス10万円未満は安い。

また万が一予定が合わなくなったとしても、1万円で変更・払い戻し可なので安心。

値段重視ならエコノミーは中途半端

今回のプロモ料金は実際のところどうなのか調べてみた。自分が候補日にしていた4月後半だとこの値段。

■ANAプロモ料金

■詳細

・路線:羽田⇔クアラルンプール
・往路:23:30発〜6:00着
・復路:14:15発〜22:15着
・料金:47,870円(税・燃油代込み)

ANA国際の線往復料金が全部込みで47,870円というのは確かに安い。

ただ、コスト重視であれば他社も見てみると、LCCのエアアジアが羽田⇔クアラルンプールの路線を運行している。

料金は同じ日程で調べると次の表示。

■AirAsiaプロモ料金

■詳細

・路線:羽田⇔クアラルンプール
・往路:23:45発〜6:30着
・復路:14:40発〜22:30着
・料金:37,870円(税・燃油代込み)

同日の同時間帯での発着でエアアジアの方が1万円安い。

座席の広さや機内食・機内エンターテイメント有無の違いはあるが、コスト重視であれば今回のANAのプロモーションが最も良いという訳ではない。

コスパ重視でビジネスクラスを購入。ラウンジとご飯が楽しみ

自分はコスト重視なら徹底的にケチるタイプなので、今回はコス重視でビジネスクラスの往復券を購入。

値段は全部込みで97,870円。

■ビジネスクラス

日程は4月後半のゴールデンウィーク前で羽田発着で深夜発朝着&昼発夜着のベストな時間帯。

■旅程

国際線のビジネスクラスということで、ANAラウンジ(国際線)とビジネスクラスシートとビジネスクラス飯が非常に楽しみ。

◯ANAラウンジ

ANAラウンジについては過去国内線は入ったことがあるのだが、ビールが飲める程度でご飯もなく正直ショボい。

■ANAラウンジ(国内線)

一方のANAラウンジ(国際線)では、温かいご飯があり、シャワー室も完備で国内線とは比較にならない程豪華らしい。

■ANAラウンジ(国際線)※ANAビジネスクラスサービス詳細ページより

ファーストクラスまたは上級メンバー専用のANA SUITEラウンジには敵わないが、これはかなり期待ができそう。

◯ビジネスクラスシート・ビジネスクラス飯

上級ランクのシートは国際線ではLCCのビジネスクラス、国内線ではANAのプレミアムエコノミークラスに乗った事があるのだが、満足度はかなり高かった。

■AirAsiaのビジネスシート

LCCであるエアアジアのエコノミーは毎回座席が狭くて苦痛なのでフルフラットになるだけでも感激だった。

そしてANAプレミアムクラス国内線は飯が美味しくて良かったのを覚えている。

■ANAのプレミアムクラス

■ANAプレミアムクラスの昼食

今回楽しみにしているのは国際線のビジネスクラスシート。

予約したNH885の機材はB787-9ということでシートは半個室タイプとのこと。

■ビジネスクラスシート※ANAビジネスクラスサービス詳細ページより

そしてかなり期待しているのがご飯。

■ビジネスクラス飯※ANAビジネスクラスサービス詳細ページより

ビジネスクラスということでかなり豪華なご飯を想像している。

当日はラウンジでも食べるので上手く考えたい。

楽しみ過ぎる。

ちなみにANAプレミアムクラスの記事はこちらで紹介しています。参考までに。

◯ANAの株主優待使ってプレミアムクラスに乗る

ANAホールディングスの株主優待と株主限定プランで預け入れていたANA旅行券を組み合わせ、プレミアムクラスへ搭乗。 株主優待利用実績 ◯...

マレーシアへ行って何するの?

詳細はまた今度紹介したいと思うが、今回の渡航目的を簡単にまとめると次の5点。

■マレーシア渡航目的

  1. 現地企業の株主総会参加
  2. ペナン島で休暇
  3. キャメロンハイランド視察
  4. 金融口座のメンテ・投資相談
  5. 証券会社のセミナー参加(やっていれば)

一番の目的は現地企業の株主総会へ参加すること。

2016年よりマレーシア株への投資を初めていろいろ学んできたが、より現地を知るために株主総会へ参加したいと前から思っていた。

そんな中、投資先企業の1社がリゾート地で有名なペナン島で毎年株主総会を開いているということで、休暇も兼ねて行ってみようと計画をしている。

現地は様々な人種がいるので株主総会も英語で行われるらしく、しっかりと内容も聞いてきたいと思う。

勉強も出来てリゾート地でのんびりも出来て一石二鳥。

■ペナン島

5年ぶりのペナン島が楽しみ。

そして今回9日間も日程があり、時間に余裕があるのでマレーシアで有名な避暑地キャメロンハイランドにも訪れたいと思っている。

場所はクアラルンプールとペナン島の中間地点にあるのでちょうど良い。

■KL〜キャメロンハイランド〜ペナン

初めて訪れる街。ロングステイヤーにも人気ということで、どんなところなのかしっかり見てくる。

その他は現地で開設している銀行・証券口座関連のメンテと投資相談、あとはもし何かやっていれば現地証券会社のセミナーに参加したいと思っている。

メインは一部の口座関連手続きと、銀行特典を使った投資関連の相談で、一応現地では銀行の優良会員資格が得られているため、特定の人しか投資できない新市場の件や、その他の金融商品についていろいろ聞いてこようと思う。メールだけじゃなかなかやり取りが難しいので。

証券会社のセミナーは単純にどんなものか興味があるので、もし良いタイミングでやっていれば参加する。

■証券会社のセミナー

セミナーではタダ飯も貰えるらしい。勉強もできて飯も貰えるということでこれは行くしかない。

あとは休みをうまく取れるかどうか。

弊社は夏休みを好きなタイミングで取得してよいので、今回のチケットは4月後半で航空券を買っている。

異動さえ無ければ問題ないとは思うので、事前に調整をしておく。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事・スポンサーリンク

コメント

  1. intercontipapa より:

    おぉ!いいですね。12月まで発券だと燃油サーチャージ安いですもんね。ANA羽田ラウンジはユナイテッドの期間限定インチキゴールドで先月侵入しました(JAL韓国発ハワイ行き航空券のため)。最近Fクラスラウンジも行く私が見ても、下馬評より良かったですね。私も夏、ANAビジネスでカナダに行きますが、機内サービスもお金持ってるANAなので、JALとは違う良さがありそうです。旅のアジェンダ、なかなかオッサンが好みそうなマニアックな要素がいっぱい入って実に面白そうです。期待しております。

    • mdish より:

      上級会員メンバーだといろいろ捗りますね。ファーストクラスラウンジ経験者から見ても良かったのですね。期待できます。

      カナダ旅行良いですね!

      私は初ビジネスですので、今回の旅行では移動中も含めて楽しみたいと思っています。