Visa Infiniteカードの実力!上級カードの特典内容をご紹介

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 7

Visa社が提供する上級ランクのクレジットカードVisa Infinite。

入手して以来いくつかの付帯サービスを実際に使っているので、過去紹介したサービスとまだ試せていないサービスを合わせてまとめてご紹介したい。

※一般カードも対象になっている特典は除外。上級カードの内容に限定する。

コンシェルジュ

Visaではプラチナレベル以上にはコンシェルジュサービスが付帯している。

これはカード会社各社が運営するものではなく、Visa社自身が全世界で提供している統一のサービス。したがって24時間365日全世界中から日本語を含めた様々な言語で利用することができる。

■Visa Infiniteコンシェルジュ・センター(VICC)

コンシェルジュを使うにはフリーダイヤルに電話をしてカード番号等で本人確認をするだけ。

一番初めに初回登録を受ける必要があるがその後はすぐに様々な依頼をすることが出来る。

■コンシェルジュ番号(日本)へ通話

自分が実際に使ってみたのは宴会の会場予約。日時や人数、料理のジャンルや予算などを伝えるといくつか候補を挙げてくれる。

コンシェルジュ側で希望日の空き状況をしっかり確認した上で候補を挙げてくれるので予約もスムーズ。

■回答(一部抜粋)

非常に便利なコンシェルジュではあるが、これはあくまでも代理サービスであるということは理解しておいた方が良い

実際にある人気コンサートのチケット手配を依頼してみたこともあるが、ちょっと調べてから第三者予約不可ということで速攻で断られた。(代替案とか教えてくれても良いのに・・)

よくネット上では「コンシェルジュなら何でも要望を聞いてくれる」とか「予約困難なレストランもコンシェルジュを通せば席を確保してくれる」とかあたかも万能サービスのように書かれるがそれは無い。

あくまでもコンシェルジュは各種調査や予約手配を代理で行ってくれるサービスであり、何か特別な裏ルートを使っている訳ではない。

対応不可なものは不可なのでそこら辺はご理解の程を。(アメックスとか他社は違うのかもしれないが)

高級ホテルのアップグレード

よく「ホテルのデポジットでブラックカードを出したら、部屋がアップグレードされた!」とか都市伝説みたいなのがあるが、そんなものは無いと断言できる。

数多くあるクレジットカードをホテル側が全て把握することなど不可能な訳で”カード提示で勝手にアップグレード”というのは非現実的。

ただし、上級カード向けにホテルのアップグレードが特典として提供されているのは事実。ちゃんと事前手続きを行うことで無料のアップグレードを含めた各種優遇を受けることは可能。

Visa Infinite限定で実際に提供されているホテル特典は下記。

■Visa Infinite会員専用特典

  • VIP対応
  • 部屋のアップグレード
  • 朝食プランへ変更
  • アーリーチェックインとレイトチェックアウト

対象ホテルはスターウッドとマンダリンオリエンタルとリッツカールトンの3ブランド。条件にもよるが傘下のホテルチェーンも対象。

■スターウッドホテル

■マンダリンオリエンタルホテル

■リッツカールトンホテル

上記は3泊以上の宿泊時に適用になり、コンシェルジュに依頼のうえ、Visa Infiniteカードで決済した際に特典を受けることができる。

また、1ランク下のVisa Signatureも対象の特典ではあるが、Visa社が運営する上級カード限定のホテル予約サイト(Visa Luxury Hotel Collection)でアップグレード特典を受けることも可能。

■Visa Luxury Hotel Collection

■Visa Luxury Hotel Collection特典

  • ベストレート保証
  • 部屋のアップグレード
  • Wi-FIサービス
  • 朝食プランへ変更
  • $25相当のミールクーポン
  • VIP対応
  • レイトチェックアウト

こちらは1泊から特典を受けることができる。

海外空港ラウンジサービス

海外の空港ラウンジといえばプライオリティパスというラウンジ会員証が有名だが、ダイナースクラブのようにクレジットカード単体の提示でラウンジ利用ができるカードもある。

自分が保有するVisa Infiniteカードもそんなカードの一つで、国は限定されるものの、クレジットカード本体の提示で東南アジア各国の空港ラウンジが無料で使える。

■空港ラウンジ利用対象国

・シンガポール
・マレーシア
・インドネシア
・カンボジア
・タイ

■空港ラウンジ(マレーシア)

上記は別カードのプライオリティパスで入場したラウンジだが、今度対象の国へ訪れた際は是非ともVisa Infiniteカード単体で試してみたい。

DragonPass(ラウンジサービス)

DragonPassは中国の企業が運営するラウンジ会員サービス。

2016年よりVisa社と提携をしており、Visa Infiniteカード限定で無料の会員登録が出来る。

プライオリティパスとの違いは会員証が全てデジタル化されている点。追加利用の場合でもアプリ上でラウンジ利用券を購入することが出来る。

■デジタル会員証

■ラウンジ案内

アプリを使って空港内のショップの割引を受けることも出来る。

■空港内ショップの割引

またDragonPassは空港のみならず、鉄道の駅付帯のラウンジも利用することが出来る。これはプライオリティパスには無いサービス。

■鉄道の駅付帯ラウンジ

今回Visa Infinite特典ということで無料で会員登録をしたが、実際ラウンジも無料で使えるのかは不明。

サービス内容を読んでいると年1回は無料のようで、DragonPassに問い合わせても無料で使えるとの回答は来た。

ただ、本当かどうか疑わしいので旅行に行った際に試してみようと思う。

Kaligo(マイレージサービス)

Kaligoは比較的新しく誕生したホテル予約サービス。Kaligo経由でホテル予約をすると提携する航空会社のマイレージを貯めることが出来る。

■Kaligo

こちらもVisa社と提携をしており、2017年度からはVisa Infiniteカード会員向けに付与マイル数が+30%になる特典を提供している。

■Visa INFINITE向け特典

実際に使った事がなのだが、予約手前まで進めると確かに30%相当のボーナスマイルの表示がされる。

■ホテル予約と獲得予定マイレージ数

上記はJALの例ではあるがANAマイレージももちろん選択可能。

自分は今までマイラーでは無かったのだがこれを機に真剣にマイレージを貯めてみようかと思っている。

ポイントサービス

カードの利用に応じてポイントが貯まるプログラムは今では一般的になっている。

自分が保有するVisa Infiniteカードもそんなプログラムを取り入れており、日本での利用はポイントが2倍になる。

貯めたポイントの交換先はグッズや金券、マイレージなど様々ある。

■ポイント交換(商品)

■ポイント交換(金券)

■ポイント交換(マイレージ)

マイレージに関して言えば今のレート換算で

◯エアアジア
約50円=1マイレージ

◯マレー航空(ワンワールド)
約75円=1マイレージ

で貯めることが出来る。ANAとかだと一般的に200円=1マイレージの還元率だと思うので結構お得?(マイレージの価値が分からないが)

クレジットカード特典は意外とお得なものがある

今回は自分が保有するVisa Infiniteカードの特典内容であったが、これ以外でもクレジットカード特典はよく調べてみると意外とお得な内容があったりする。

例えばJCBカードであれば、海外旅行プラザを無料で使うことが出来るし、Masterであれば特定日の映画が1100円になるというキャンペーンを実施していた。

■映画キャンペーン

ポイントサービスだけに目が行きがちではあるが、隠れた特典もあるかと思うので皆さんも保有しているカードのサービスを今一度調べてみることをオススメする。

クレジットカードは使い倒してなんぼ。

ちなみに今回紹介したVisa Infiniteカードの年会費は永年無料ね。乞食魂炸裂。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事・スポンサーリンク