株主優待使ってネットカフェ自遊空間で一番高くてヤバイ飯を注文!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

週末あまりにも暇だったのでネットカフェの自遊空間へ行った。

その時にいつもどおりじゃつまらないので、一番高くてヤバイ飯を注文。

4時間のパック代とメシ代は株主優待を使って40円。

※上のマンガはただ読んでただけで題名とは無関係。

株主優待利用実績

◯請求:2040円
◯優待:2000円
◯現金:40円

自遊空間の一番高くてヤバイ飯

注文した飯はこれ。

■一番高い飯

注文したのはメニューの中で一番高い「アタマの自遊盛り」。お値段は税込みで940円。マヨネーズやばい。

これは丼ぶりメニューの具材を2種類組み合わせたガッツリ系メニュー。

ご飯の量は1.5倍とのこと。

■アタマの自遊盛り

組み合わせは「すごうまマヨカルビ丼」と「直火旨辛カルビ丼」。

そして株主優待の額面に上手く合わせるためミニラーメンも170円で追加。

全てPC上で注文操作ができる。

■アタマの自遊盛り+ミニラーメンセット

肝心の味の方は普通に美味しい(味覚音痴なので参考にはならないが)

ただ、さすがに全部食べたらマヨネーズが重すぎて気持ち悪くなった。もう年だね。

そしてカロリーは一体どのぐらいだったのだろう・・・。(この日の飯は昼兼夜ということでこれで終わり)

自遊空間は暇つぶしに最適!

今回暇ということで自遊空間へ行ったのだが、やはりここは時間つぶしに最適な場所だと改めて思った。

ネットカフェ(あるいはマンガ喫茶)にネガティブなイメージを持っている人も多いと思うが、一度行ってみてはいかがでしょうか?

次のようにサービスが充実していてかなり良いよ。

①映画の話題作が見放題

まずはPCからオンデマンドで映画が見られるサービス。

去年話題になった作品とか比較的新しいのもあるので十分楽しめる。

■作品一覧

今回はランキング1位ということで最初は「参勤交代リターンズ」を見てたのだが、くそつまらなくて途中でやめた。そして「スーサイドスクワッド」を鑑賞。

こっちもたいして面白くは無いが最後まで見た。(DCコミックとマーベルコミックだったらまだ後者の方がマシな気がする。)

②普通にマンガ読む

ネットカフェはマンガ喫茶とほぼ同じなので、店内に豊富にあるマンガをゆっくり読むことが出来る。

今回は気になっていた投資マンガのインベスターZを読む。

■インベスターZ

ただこれ、結構マジメな内容なんだね。

ネットの内容を見てギャグ漫画かと思ってたわ。

■ネット上で公開されている内容


バカが考えた株のマンガ(http://orekabu.jp/bakakabu/)より

マジメすぎてつまらないので3巻まで読んで終了。もういっかな。

③その他諸々

その他オンラインゲームであったり、ネット有料サービスであったりがネットカフェでは使える。

また、店舗によってはVR関連の専用施設であったり、ダーツ・ビリヤード施設であったり、あるいはカラオケ施設であったり、楽しめる設備が揃っていて結構充実している。

自分はオンラインゲームとか一切やらないのだが、いつかネットカフェで試してみようかと思っている。

ランシステムならネットカフェで株主優待が使える

アミューズメント系の企業の中で、ネットカフェで使える株主優待を提供しているのは株式会社ランシステムだけ。

ここの優待券は自社が運営するネットカフェチェーン自遊空間の全店で使える。

また、近くの店舗が無いという人はクオカードまたはジェフグルメカードを選択することも可能。

■ランシステムの株主優待
保有数 内容
自遊空間優待券 クオカード ジェフグルメカード
100株~200株 3,000円相当 1,000円分 1,000円分
300株~400株 5,000円相当 2,000円分 2,000円分
500株以上 10,000円相当 3,000円分 3,000円分

この業界はイメージは悪いものの伸びしろは十分にあると思っている。

興味がある人はランシステムの株をぜひチェックしてみてください。あと実際にネットカフェに行ってみるのも良いかと。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事・スポンサーリンク