デニーズで朝10時まで限定!ドリンクにゆで卵とトーストが付いて税込み235円!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

週末は株主優待を使ってモーニングに行く。

今回は先日届いたモリトのQUOカードを使ってデニーズで食事。

朝6時〜10時まではコーヒー1杯の注文でトーストとゆで卵が付いてくる。値段はそれで税込み235円。デニーズなのにやたら安い。

株主優待利用実績

◯請求:235円
◯優待:235円
◯現金:0円

デニーズの名古屋式モーニング(ゆで卵とトースト)

ドリンクを頼むとゆで卵とトーストがセットで付いて来るサービスは、名古屋式モーニングサービスと呼ばれている。

これは名古屋発祥のサービスで、名古屋の多くの喫茶店で行われているということでこの名前になっている。(実際のところ本当なのかは知らんが。)

現在は名古屋県外の多くの喫茶店やファミレスでも導入され、デニーズも2016年3月より同サービスを提供している。

値段は235円からなのでかなりコスパは良い。

■デニーズの名古屋式モーニング
※デニーズホームページ(http://www.dennys.jp/menu/morning/)より

このサービスはワンドリンクの注文でセットが付くというものなので、他のドリンクメニューでもOK。

■ドリンクメニュー

ドリップコーヒーだとおかわり自由で値段も235円と安い。

■名古屋式モーニング

ちなみにデニーズのコーヒーは時間帯問わずにおかわり自由。知ってました?

その他のモーニングメニューもお得

デニーズでは他にもモーニングメニューがあり、実はかなりお得な内容になっている。

値段は税込みで592円から。

■デニーズのモーニング

内容はメインメニューとサイドメニュー、そしてドリンクを選ぶというもの。

追加料金を払って一品を付け足すというのも可能。

■選べるメニュー

※デニーズホームページ(http://www.dennys.jp/menu/select-morning/)より

ドリンクはドリップコーヒーならおかわりはもちろん自由。パンケーキが選べるのが個人的には嬉しい。

そんなことでデニーズのモーニングは、株主優待を使わない時でもちょくちょく利用している。nanaco払いが出来るのでね。

■デニーズのモーニング

これで592円。やはり日本のファミレスのコスパは最強だと思っている。

デニーズなら無料Wi-Fi使えます

デニーズはセブン&アイグループが提供しているセブンスポット(無料Wi-Fiサービス)が設置されている。

■セブンスポット

使い方は簡単で、PCやスマホから「7spot」というWi-Fiに接続し、その後ブラウザを立ち上げて、IDとパスワードでログインすればインターネット接続が始められる。

利用時間は60分×2回までだが、2時間もあれば十分かと。

会員登録が必要にはなるが、ファミレスで無料で高速Wi-Fiが使えるのはデニーズだけ。

朝の作業とかコーヒー飲みながらデニーズでするのも良いのじゃないでしょうか?

日本の外食はコスパ最強だと思う。

物価について、よく外こもりしてる人とか旅行好きの人とかから、日本は外国(特に東南アジア)と比較される事があるが、外食に関しては日本が最もコスパが良いと思っている。

価格はもちろんだけど、サービスや料理の質であったり、ポイントや電子マネーなどの支払手段の豊富さであったり、その他諸々で日本は優れていると思っている。

これ個人的な考えだけど同じように感じている人も居るんじゃないでしょうか?

ただ、その一方で過剰なサービスのために、そこで働く人の環境が悪い(特に外食)という状態もあるのは事実。

これは好ましくは無いので、良いところはそのままに、悪いところは社会的に声を挙げて改善されていけばと思っている。(自分も飲食店でバイトやっていたのでよく分かります。)

最近は長時間労働が問題視され、たとえ超一流企業であってもブラック企業として非難されるようになった。これはとても良い傾向。

これからの時代、働く人の人口が減っていく訳で、そもそもブラック企業は自然と淘汰されるだろうけどね。

悪いところは直していきましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事・スポンサーリンク