バックパッカー必須アイテム!旅の移動を記録できるWireless GPS Logger M-241

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 9

株主優待・お得生活関連の内容ばかりアップしているが、自分は便利ツールにも興味がある。

今回は旅で使うと面白いGPSツール「Wireless GPS Logger M-241」をご紹介。

旅を記録するGPSロガー

GPSというと車のカーナビや地図上の位置情報をイメージする人が多いかもしれないが、実は様々な使われ方をしている。

その一つが位置情報を一定期間毎に保存して記録として残すというもの。そしてこの記録専用に作られたのがGPSロガーというツールだ。

GPSロガーはトレッキングやツーリング、ランニングなど様々なシーンで使われているが、記録される内容は時間・緯度経度・標高・移動速度などで、基本的には同じ。

ただ、GPSロガー機器自体は目的にそっていろいろカスタマイズがされているので、GPSロガーを買うときは利用目的を明確にさせたほうがよい。

そんな中、自分が旅の記録専用としてオススメするのが「Wireless GPS Logger M-241」というGPSロガー。

Wireless GPS Logger M-241

Wireless GPS Logger M241は台湾の精密機器企業Holux Technologyが製造しているツール。重さわずか39gで単三電池1本で12時間位置情報を記録し続ける。

HOLUX GPSロガー M-241 ワイヤレス Bluetooth対応 国内1年保証

Wireless GPS Logger M-241

他のGPSロガーと異なり液晶が付いているのでGPS衛星の補足状況や時間・座標などをその場で確認することができる。

特徴

・LCD(液晶表示)付GPSロガー
・LCDにログステータス・日時・座標・速度・設定情報を表示。
・MTK(メディアテック)超高感度GPSチップ採用。
・インターフェイスは、USBとBluetoothに対応しています。
・単三電池1本で12時間作動。
・重量わずか39g(電池を除く)、同クラス最軽量。
・130,000点のログが可能。

株式会社ヘミスフィア( http://www.gpscute.com/m241.html)より

Wireless GPS Logger M-241を使って旅の記録を

Wireless GPS Logger M-241の使い方はいたって簡単。電池を入れてスイッチをオンすればGPS衛星の補足を開始するので、屋外の開けたところで少し待つ。
無事GPS衛星を補足すれば後は記録開始ボタンを押すだけ。GPSなので特に携帯電波やwifiは不要でGPS衛星の電波が届くところなら地球上どこでも使える。

本体にはキーホルダーを付けられる穴があるため、バックパックやズボンに引っ掛けても良いし、またはバックパックの中やポケットに入れてしまっても構わない。一度GPS衛星を補足すればずっと記録し続けてくれる。

旅の記録はGPXという形式のGPSデータとして本体に保存されるので、BluetoothまたはUSBケーブルを使って取り出してGoogle mapsや位置情報管理アプリで中身を見ることができる。

実際のGPSデータをGoogle maps上で保存した旅の記録は次のような感じ。

■ベトナム縦断旅行

■タイ・カンボジア周遊旅行

■メキシコ横断旅行

■タイ・ラオス周遊旅行

1カ所滞在型の旅行でも記録して楽しめる

上の例はいろんな町に移りながら長距離移動をするタイプの旅行だが勿論、1カ所滞在の旅行でも、自分がどのようなルートを辿ったか見ることができるので楽しい。

例えば屋久島の縄文杉登山もこんな感じ。

■屋久島旅行

google mapsでは5MB以上のファイルは読み込めないので圧縮してしまっているが生データでは詳細な足取りも確認することができるので、鉄道やバスでの移動ルートや散歩で歩いたルートなど細かく確認することができる。

Wireless GPS Logger M-241の他にも一部日本向けにカスタマイズした旅レコという商品もI-O DATAから販売されている。こちらはM241と比較してBluetooth機能が省略されているだけで基本機能は全く同じ。

旅レコ

日本企業が直接販売しているということもあり、サポートが充実しているので気になる方はこちらでも全く問題ない。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事・スポンサーリンク