SBI銀行のATM・振込手数料を楽にランクアップさせて無料にする方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 10

今更だが、SBI銀行のスマートプログラムについて。

SBI銀行はランクに応じて振込手数料やATM手数料が無料になる回数が変わる。今回は簡単にランクアップさせるための方法をご紹介。

乞食対策のスマートプログラム

SBI銀行は従来対象ATMでの入出金が何回でも無料と神対応の銀行だった。

それが恐らく異常にATM利用する人が増えたか何かで、2016年2月よりスマートプログラムという各種条件に応じてのランク別優遇内容に変更されている。

(従来)
ランク
ATMご利用手数料
無料回数
お預入れ
無制限
お引出し
無制限
当社から当社への振込手数料無料回数
無制限
当社から他行への振込手数料無料回数
月3回
ボーナスポイント
(現行)
ランク
ランク4
ランク3
ランク2
ランク1
ATMご利用手数料
無料回数
お預入れ
無制限
お引出し
月15回
月7回
月5回
月2回
当社から当社への振込手数料無料回数
無制限
当社から他行への振込手数料無料回数
月15回
月7回
月3回
月1回
ボーナスポイント
毎月50p付与

他行振込が最大15回までに増えているものの、ATM無料利用も最大でも15回に上限設定がされた。

個人的には他行振込が増えたのでまあ良いが、従来無制限でATM利用が無料だったのを考えると基本的には改悪。

ランクの獲得条件は下記。

■ランク条件詳細
ランク4 下記A、Bのいずれかの条件に該当するお客さま
A
外貨預金と仕組預金の月末残高合計が、500万円以上
B
外貨預金と仕組預金の月末残高合計が、300万円以上 かつ 住宅ローンを利用
ランク3 下記C、D、Eのいずれかの条件に該当するお客さま
C
総預金の月末残高が300万円以上
D
総預金の月末残高が1,000円以上 かつ 住宅ローンを利用
E
総預金の月末残高が1,000円以上 かつ 以下の1~8の条件に3つ以上該当

1. 外貨預金(普通・定期)の月末残高あり
2. 仕組預金の月末残高あり
3. SBIハイブリッド預金の月末残高あり
4. カードローンの月末借入残高あり
5. 目的ローンまたは不動産担保ローンの月末借入残高あり
6. 給与、賞与または年金のご入金あり
7. 純金積立のご契約あり
8. Visaデビットカードの月末時点の確定金額が合計1万円以上
ランク2 下記のF、G、Hのいずれかの条件に該当するお客さま
F
総預金の月末残高が100万円以上
G
総預金の月末残高が1,000円以上 かつ 以下の1~8の条件に2つ以上該当

1. 外貨預金(普通・定期)の月末残高あり
2. 仕組預金の月末残高あり
3. SBIハイブリッド預金の月末残高あり
4. カードローンの月末借入残高あり
5. 目的ローンまたは不動産担保ローンの月末借入残高あり
6. 給与、賞与または年金のご入金あり
7. 純金積立のご契約あり
8. Visaデビットカードの月末時点の確定金額が合計1万円以上
H
総預金の月末残高が1,000円以上 かつ 30歳未満
条件がややこしいが、要はSBIのサービスを使ってないと優遇はしないという内容。(乞食対策としては当たり前の対応)

スターフライヤーカードを作って無条件に+1ランクアップ

いちばん手っ取り早くランクをあげられるのが年会費無料のSBIカードを作る方法。

スマートプログラムはSBIカードを保有してSBI銀行を引き落とし口座に設定すると無条件でランクアップになる。

ただ、このSBIカードはレギュラーカードであっても年会費が永年無料ではなく、特典もぱっとしない。

そこでおすすめしたいのが、SBIカードで年会費永年無料の提携カードのスターフライヤーカード。

スタフライヤーカードは九州を拠点にする航空会社スターフライヤーのマイレージ機能が付いたクレジットカード。

その中のMastetCardブランドについてはSBIカードが発行を請け負っており、年会費が永年無料になっている。

もちろんSBIカードとして識別されるためランクアップ対象となる。

持っているだけでokで、これで最低でもスマートプログラムのランク2となり、ATM無料回数5回、他行振込無料回数3回となる。

SBI証券の口座を持って1円入金して条件満たす

次は細かく設定されている各条件。その中で簡単なものとして、SBI証券の口座を保つ方法。

スマートプログラムの条件の一つにSBIハイブリッド預金の残高有無がある。

このSBIハイブリッド預金とはSBI証券の口座に現金を預け入れたときの預金口座のこと。証券口座を開いて1円でも入れておけば条件を満たすことになる。

SBI証券は口座を持っていることで、特に費用はかかることはない。

そしてこれもいつか紹介しようとおもっているが、SBI証券の口座を持っていれば、提携している様々な銀行からSBI証券へ無料で即時資金移動ができ、その資金をそのまま、SBI銀行へ移すことができる。意外と便利。

SBI銀行で外貨預金を数十円残す

次にSBI銀行で外貨預金をする条件。

金額に制限は特になく残高があれば良い。

外貨預金については一番安い南アフリカランドを1単位購入すればそれでok.

1単位=7円程度なので手数料を入れても必要金額は10円にも満たない。

いずれにしろ費用は若干必要にはなるが、かなりの少額で条件満たす。オススメ。

自分の場合は100円にも満たない額で残高を残している。

SBI銀行への給料振込で条件満たす

最後はSBI銀行への給料受け取り条件。

自分の場合は、給料受け取りはやってはいないが振込先指定するだけで条件満たすのでこれもかなり楽かと。

カード保有+上記いずれか二つでランク3達成

カード保有と上記条件いずれか二つを満たせばランク3となり、ATM手数料無料7回、他行振込無料7回となる。自分は現在この状態。

カード保有と条件3つ適用であれば、ランク4となり、ATM手数料無料15回、他行振込無料15回になる。

意外とあっさり最上位ランクは行けてしまう。

無料だからといってもサービス利用は程々に

今回は元々はATM手数料無料だったものが回数制限になってしまっている。

その分、他行振込手数料が条件によっては良くはなっているが基本的には改悪。

ここから伝えたいのは、たとえサービス提供側がいくら手数料無料・回数無制限と宣伝していても、利用者側は常識をわきまえて度が過ぎないようにすべきというもの。

今回のスマートプログラムへの移行については、自分の勝手な予想だが、ATMが無料なのを良いことに異常なほど使う奴があまりにも増えてきた為の対応だと考えている。

利用者側はサービス提供者側と程よく良い関係を保ち、互いにメリットが得られるよう努めるべきだと思う。常識をわきまえてサービスは使うべき。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事・スポンサーリンク