フリーダイヤルへの通話が可能な格安IP電話のブラステル!便利だけど有効期限にご注意を!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 10

過去何度か紹介しているIP電話のブラステルの050Freeについて。

050Freeはフリーダイヤルへの通話が可能で、しかも通話料がかなりお得なIP電話サービス。

フリーダイヤルへの通話であれば従来完全無料で使えていたのだが、今回050番号に有効期限が新たに設定されたので注意喚起をしたい。

ブラステルの050Free

ブラステルは1996年設立の通信会社。

ブラジル人コミュニティーを対象とした通信サービスの提供から始まり、今では法人・個人向けにIP電話や海外送金、データSIMや海外Wi-Fiなど様々なサービスを提供している。

■ブラステル

そんなブラステルが提供するIP電話サービスが050Free。

050Freeはサービスに申し込むことで、050から始まる個別のIP電話番号(インターネット電話番号)が貰え、一般の携帯電話のように通話が可能になる個人向け通信サービス。

通話料はプリペイド式で事前にチャージした範囲で使え、基本料金やその他費用は一切不要。

■貰った050番号

■050Freeアプリの起動後

ブラステルの050Freeはフリーダイヤルへ通話可能

ブラステルの050Freeで優れているのはフリーダイヤルへの通話機能。

通常050から始まるIP電話では、0120などの特殊番号へは電話をかける事は出来ない。

しかしブラステルの050Freeであれば一般の携帯電話同様に通話が出来てしまう。

■フリーダイヤル0120への通話

他社が提供する050IP電話サービスのほとんどが0120への通話が出来ないといった状況の中、050Freeは接続先を一般回線経由にすることでフリーダイヤルへの通話を可能にしているらしい。

日本に居る限り、フリーダイヤルへの通話は一般の携帯電話を使えば良いのだが、例えば海外滞在中などで日本の携帯が使えない状況の中、0120へ電話する必要が生じた時などで役に立つ。

あとは携帯電話の契約をせず、格安SIMのみでスマホ運用している人にとってもありがたいサービス。

ご注意!050番号に新たに有効期限が設定された

便利なブラステルのサービスであるが、050Freeで発番される050電話番号に対して、2017年10月より有効期限が設定され、過去1年以内に有料利用が無い場合は強制解約されることになった。

事前に届いた案内メールの内容は下記。

「050 Free」の050電話番号に関する有効期限の新たなルールについて

お客様各位

平素より 「050 Free」 をご利用いただき有難うございます。

この度、「050 Free」 の050電話番号に関する有効期限の新たなルールについてお知らせいたします。

これまで 「050 Free」 は、 お客様の声を活かしてサービスの向上に取り組んでまいりましたが、今後もサービスを継続するために、有限の050番号を効率的に運用する必要性があることから、下記の通り有効期限を設けさせていただきたく存じます。

サービス向上に努めてまいりますので、何卒、ご理解を賜りますよう心よりお願い申し上げます。

【対象のお客様】
050 Freeの050電話番号(以下、番号)を取得しているお客様

【ルール内容】
番号の有効期限は、番号取得日から1年間となります。番号取得日から1年の間にブラステルカードへのチャージ(入金)がない又は有料課金がない場合、番号は解約扱いとなりますのでご注意ください。 ただし、ブラステルカードへの
チャージ又は有料課金があれば、有効期限はそれぞれの最終入金日又は最終課金日から1年間となります。
※有料課金とは、ブラステルカードに課金される有料通話です。着信通話や050Free同士の無料通話、
フリーダイヤルへの通話ならびにクレジットランスファーは課金対象外となります。

【ルール運用開始日】
2017年7月10日(月)

【注意事項:番号解約対象のお客様】
2017年7月10日以前に番号取得したすべての方を対象に、有料課金がない又はブラステルカードへのチャージがないお客様の番号は解約扱いとなります。ただし、2017年7月9日までにブラステルカードへのチャージ又は有料課金が
あれば、有効期限はそれぞれの最終入金日又は最終課金日から1年間となりますので、解約対象となりません。
※ブラステルカード残高の有効期限は、チャージまたは有料課金それぞれの最終利用日から1年間です。
1年以上ご利用がない場合、有効期限切れとなります。またアクセスコードおよび残高は無効となります。

ブラステルでは050番号の取得後に、事前のチャージをする事でその金額の範囲で通話が可能になる。

ただ、特段チャージを行わなくても050番号を持ち続けることが可能であったため、1度もチャージをせず、0120への無料通話にのみ058Freeを使うということも出来ていた。

このルールが変わり、過去1年にチャージ分の有料利用が一度も無いと強制解約されることになった。

おそらく050番号だけ取得して、チャージもせず全く使わない人が増えたための措置だと思われる。

ご注意!チャージ残高にも有効期限が前からあるよ

今回は050番号自体に有効期限が設定されるというサービス改定であったが、実は050Freeのチャージ残高にも有効期限が前から設定されている。

■チャージ残高の有効期限

通話のためにチャージをしても、その後1年間一度も使わないと、たとえ残金があっても有効期限切れで無効になってしまう。

通話料が物凄く安いのでぜひ使いましょう!

050番号とチャージ残高の有効期限については、1年に一度でも有料利用をすれば良いだけなので、普段からブラステルを使っている人にとっては実はあまり影響の無い話。

とはいえ050番号だけ入手してチャージもせず一切使っていないという人もいると思うので、この際にブラステルのお得さをここで紹介しておく。

まずはブラステルと大手携帯電話会社の通話料比較。

■ブラステルと大手携帯電話会社比較

 サービス名 固定電話 携帯電話 国際電話(アメリカの例)
050Free 3分8.00円 30秒5.50円 1分3.99円
携帯会社 30秒20円 30秒20円 30秒31円

ご覧のとおり050Freeが安いのは一目瞭然。

例えば固定電話宛の通話であれば、携帯会社は30秒毎に20円発生するので3分の会話で通話料は120円にもなる。

その一方のブラステル050Freeであれば3分まで8円固定。15倍も料金に差がある。

次にブラステルと他の有名IP電話サービスとの料金比較。

■IP電話サービス料金比較

 サービス名 固定電話 携帯電話 国際電話(アメリカの例)
050Free 3分8.00円 30秒5.50円 1分3.99円
050Plus 3分8.64円 1分17.28円 1分9.00円
Smartalk 30秒8.00円 30秒8.00円 30秒8.00円

これも見てお分かりになると思うがブラステルが最もお得。

NTTコミュニケーションズが提供する050Plusにいたっては月額324円の費用も発生するのでかなり割高。

もうちょっとイメージが湧きやすい内容として、実際に先月使った際の明細の一部を掲載。

■国内固定電話への通話

どこに掛けたのか忘れたが、たぶん飲み会の予約で利用。

通話時間は3分未満(3分未満は全て3:00表記になる)で通話料はたった8.64円

非常に安い。

■海外への通話

次は国際電話利用。通話先はマレーシア。

現地証券口座の開設手続きで、理不尽な理由で申請拒否をくらったため、直接現地に電話して担当者とネゴった際の通話。

通話時間11分と比較的長い会話であったが国際電話にも関わらず金額は48.5円

もしこれが大手携帯会社のD社であれば1分あたり136円の国際通話料が発生し、合計金額1496円の請求になっていた。

非常に恐ろしい・・。

電話番号通話は今後も残ります

このご時勢、誰もがLINEとかを使って電話番号なしで気軽に通話やメッセージのやりとりをしていると思うが、歯医者の予約であったり飲み会の予約であったりと電話番号を使った通話は今後も日常生活には残る。

そんな普段使う内容であるからこそ、いかに費用を抑えるかは結構重要だと思っている。

ということでブラステルの050Freeはかなりオススメなので是非とも知らなかった人は試してみて欲しい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事・スポンサーリンク