資産管理・家計簿アプリのマネーフォワードが物凄く便利

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

自分が使っている便利なサービス「マネーフォワード」をご紹介。無料で使える家計簿アプリということだが、自分の場合は完全資産管理アプリになっている。

※ステマじゃないです。純粋に便利なので紹介です。

マネーフォワードとは

マネーフォワードはfintechスタートアップの株式会社マネーフォワードが提供する家計簿・資産管理ツール。自分の登録している銀行や証券の情報を毎日自動で読み込み、資産状況をまとめてくれるほか、日々の入出金を自動で仕分けして、家計簿としても記録をしてくれる。

自動での情報読み込みは銀行・証券以外にも、クレジットカードや電子マネー、携帯電話してポイントと幅広い。クレジットカードであれば複数枚持っていても、利用状況をまとめて表示が出来る他、引き落とし金額を事前に通知してくれる。

文字でずらずら書くよりも実際に自分の画面を見せた方がわかりやすいので、下記でご紹介。

※家計簿アプリとしても優秀なマネーフォワードだが、自分は全くその機能を使っていないので家計簿機能紹介は省略します。

便利な使い方①:総資産管理

まずは基本機能で、総資産状況のまとめや過去推移などをグラフ化してくれるサービス。いくつも銀行口座や証券口座を持っていてもマネーフォワードへ登録さえしていれば総額表示で自分の資産を把握することが出来る。

■総資産内訳

総資産状況。つい先日まで1800万だったがイギリスショックで大幅ダウン・・・。(あと生活資金を現金出金しました)

■総資産推移

資産の推移が見られれば過去からの頑張りが見れる。

■登録口座一覧
mone3

登録口座は銀行や証券の他、クレジットカードなどやポイントなども登録出来る。

便利な使い方②:個別資産管理

総資産が見られるのであれば当たり前だが、個別の詳細情報も見ることができる。登録している口座情報を自動で読み込み、その時点での情報を表示してくれる。マネーフォワードであればいくつも口座を持っていても各口座の資金をアプリ1つで把握することが可能。

■銀行口座詳細
mane1

■証券口座詳細
mone6

アトムの含み損は前からやばかったが、よく見たらANAが一番やべーな。

便利な使い方③:入出金管理

登録口座で入出金があれば、日にち別に記録が自動で行われる。現金で使った資産はレシートを写メで取って読み込んだり、個別に手入力することも可能だ。

■入出金履歴
mone5

便利な使い方④:クレジットカード管理

マネーフォワードではクレジットカードの登録も可能で、各カード会社のサイトへ行かなくても引き落とし予定額を確認することが出来る。また、指定のメールアドレスへ事前に引き落とし案内を送ることも可能。

■カード引き落とし明細
mane8

■引き落としアラートメール
mane9

無料版は引き落とし金額が確定した明細のみ表示がされるが、有料サービスへ加入をすれば、〆前の未確定明細も確認することも出来る。

便利な使い方④:ポイント残高管理

銀行口座のお金と同じようにTポイントやPontaポイントなど様々ポイント残数もマネーフォワードで管理をすることが出来る。

■ポイント残高管理

自分はコンビニで何か買う際は現金は一切使わず、いつもポイント払いをしている。その際に、各ポイントが何ポイント残っているか、マネーフォワードで確認することができるので大変便利。

ちなみに有料オプションに入会すれば有効期限まで知らせてくれるらしい。

便利だけどリスクが気になる人は使わない方がいい

マネーフォワードはご覧のとおり、口座情報をアプリに登録することで、アプリが自動的にログインして、各情報を読み込んでくれるサービス。

情報を渡してしまうということでセキュリティ的に気になるという人は使わないほうがよい。

前から使っている人は優遇されている

マネーフォワードは基本サービスは無料。これだけでも十分使えるのだが、月額500円を払えばプレミアム会員として更に多くの機能が使える。

■プレミアム会員向けサービス
mane10

無料会員は口座登録が10件までと制限があるが、実は前から使っている人はこの制限がない。

というのも当初マネーフォワードは無料会員でも制限無しで口座登録ができたが、2015年4月22日より有料会員限定に移行された。

その際に、従来の会員についてはマネーフォワード側の計らいで、手続を行うことで今までどおり無料で無制限使うことができる対応がとられた。

■サービス変更案内メール(一部抜粋)
mane11

シティバンク銀行の口座管理有料化しかり、マネーフォワード口座登録数制限化しかり、従来の会員は無料で旧条件のままサービスが使える。良いサービスは権利として早めに確保しておくことが大事なのだと改めて実感した。

同様にマレーシアのMM2Hビザについても、いつ条件が変更になるのかわからないので、早めに権利を獲得しておきたい。

話が脱線したが、とにかくマネーフォワードは非常に便利なアプリなので是非とも活用してみて欲しいと思う。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事・スポンサーリンク