ソニー銀行の南アフリカランド外貨預金運用3ヶ月目

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

2016年3月から始めているソニー銀行での南アフリカランド外貨運用。毎月16日が満期なので利子が振り込まれた。

利率は脅威の年利5.2%だが、その一方で急激な円高で利益は一気に吹っ飛ぶ。まさにギャンブル。

南アフリカランド外貨定期預金実績

(外貨建て)
◯定期預金元本:25,972.53 ZAR
◯満期後:25,972.53 ZAR
◯利子:92.26 ZAR
◯利率:5.25%

(日本円換算)
◯定期預金元本:¥175,093
◯満期後:¥175,093
◯利子:¥622

■外貨定期満期

gaika35

外貨定期金利は脅威の5.25%!

南アフリカランドは新興国通貨で超高金利。利率は1ヶ月定期で5.25%。普通預金でも3%が貰えてしまう。

6月分は17万円程あずけて600円程が利子として入金。

■南アフリカランド外貨定期利率
ahurika

ソニー銀行ホームページ(http://moneykit.net/visitor/rate/fd_zar.html)より

日本の大手メガバンク定期預金0.001%と比べると南アフリカランドの金利の凄さがわかる。

高金利通貨はハイリスク

高金利で釣られがちな新興国通貨。通貨の動きが激しくリスクが大きいことを忘れてはいけない。

過去5年のトレンドを見ると2015年からダダ下がり。高金利通貨は円高になる傾向があるとはまさにこの事。

■南アフリカランドのチャート

Investing.com 日本
 によって機能された外国為替チャート。

高金利な分、リスクが高い。まさにギャンブルの状態になっている。

 外貨運用の過去実績

自分の実績。外貨建てであれば5%台の利回りで増えている。

一方で日本円換算では始まりが22.0万円相当であったが、最新では21.5万円まで下がっている。

利子を5%でもらっていても円高に追いついていない状況。

■外貨建て実績
 日付 合計 普通預金 定期預金 利息 利率
2016/3 30,669.30 ZAR 0.00 ZAR 30,669.30 ZAR 0.00 ZAR 0
2016/4 30,774.33 ZAR 0.00 ZAR 30,774.33 ZAR 105.03 ZAR 5.05000%
2016/5 30,880.27 ZAR 0.00 ZAR 30,880.27 ZAR 105.94 ZAR 5.25000%
2016/6 30,972.53 ZAR 5,000.00 ZAR 25,880.27 ZAR 92.26 ZAR 5.25000%
■円換算実績
 日付 合計 普通預金 定期預金 利息 為替レート
2016/3 ¥220,492 ¥0 ¥220,492 ¥0 7.19
2016/4 ¥229,819 ¥0 ¥229,819 ¥784 7.47
2016/5 ¥215,131 ¥0 ¥215,131 ¥738 6.97
2016/6 ¥208,800 ¥33,707 ¥174,471 ¥622 6.74

リスク回避に外貨で使えばいい

index_read

ソニー銀行ホームページ(http://moneykit.net/visitor/sbw/?aapf=v_homeRec)より

南アフリカ建てランドの運用は当初Sony Bank WALLETがリリースされたのをきっかけに始めた。

Sony Bank WALLETは世界11通貨で外貨のままデビットカード決済が出来るというもので、南アフリカランドも対象に含まれている。

極論を行ってしまえば日本円換算で損はしても現地通貨で使ってしまえば為替の影響が無くなる。

(1ドル=120円だろうが、1ドル=100円だろうがアメリカにいれば同じ1ドル)

とは言いつつも、南アフリカへ旅行をする機会はほぼ無いので、外貨のまま支払いができるネットサービスで使うことになる。

現時点で利用の見込みがあるのはagodaとuberだ。

■agodaの通貨選択画面

■agoda外貨建てでの予約画面

gaika2

■uberの支払いカード設定画面

uber

他には大手ではpaypalも南ア建て支払いが可能のようだ。

このようにグローバルにサービスを提供している企業であれば、南アフリカランド建て通貨をそのまま使うことが出来る。

利息でリッチにと計画はしたものの、為替に応じて南ア通貨建でも価格設定が変わってくるので全部が上手くいく訳ではない。

それであっても外貨を日本円に戻す手数料を減らすという意味では圧倒的に外貨払いの方がお得だ。

秋にマレーシアに行く際、agodaでの事前ホテル予約と現地でのタクシー移動の際にこの2つは使ってみようと思う。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事・スポンサーリンク