米ドル通貨がそのまま出金できるSMBC信託銀行プレスティア

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

自分が開設している口座にSMBC信託銀行がある。この銀行はアメリカドル通貨がそのまま現地で出金できてとても便利。

グアムやハワイなどアメリカの領土であればどこでも現地通貨で引き出してすぐに使える。

SMBC信託銀行プレスティアとは?

SMBC信託銀行は三井住友フィナンシャルグループに属する信託銀行。

元々はシティバンク銀行の個人向け業務部門であったが、SMFGに売却され2015年11月よりプレスティアというブランドに変更がされた。

従来のシティバンクで提供していたサービスは大きく変わること無く継続されている。

プレスティアの外貨キャッシュカード

SMBC信託銀行のプレスティアは旧シティバンクのサービスということもあり、日本の銀行でありながらグローバルなネットワークを活用したサービスに強みを持っている。

その中の一つがアメリカで使える外貨キャッシュカード。(シティバンク時代のもの)

■外貨キャッシュカード

他の多くの銀行が提供している国際キャッシュカードと言われるものをご存知かと思う。

外貨キャッシュカードと名称が似ているが、国際キャッシュカードは単純に日本円を両替して現地ATMから引き出す機能があるだけで、外貨のままでは入出金することは一切出来ない。

一方、プレスティアの外貨キャッシュカードは米ドル通貨のままで、普段の銀行口座のように自由に出金することができる。

アメリカの銀行口座のキャッシュカードをそのまま使うイメージだ。

■国際キャッシュカードと外貨カッシュカード
 種類 出金 入金 手数料
国際キャッシュカード OK
(日本円口座より両替して米ドルを出金)
不可 ATM手数料
・無料〜3ドル

両替手数料
・割高な銀行両替の手数料
プレスティア外貨キャッシュカード OK
(米ドル口座より米ドルのまま出金)
OK
(米ドル口座に米ドルのまま入金)不可
ATM手数料
・シティバンク直営ATMなら無料
・直営外ATMは2〜3ドル
米ドル準備時の両替手数料
・両替手段は自由(キャッシング, FX, 現地両替屋)

———————————

【2016/9/24追記】

コメントを頂き、後に調べたところ、プレスティア米ドル口座は出金専用になるため、外貨キャッシュカードを使っての外貨入金は不可とのことでした。訂正致します。

———————————

勿論、プレスティアは日本の銀行が提供しているサービスなので、日本円普通口座のキャッシュカード(バンクキングカードという名称)も口座開設時に貰える。

こちらは国際キャッシュカードとなっている。

■国際キャッシュカード

プレスティアの3つの口座

プレスティアには3つの口座がある。それぞれ用途が異なり、申し込みも個別に必要。

プレスティアで外貨キャッシュカードを取得するには手続がやや煩雑なので、ぜひ最初にプレスティアの口座構成を理解して欲しい。

口座①:円普通預金口座

プレスティアの日本円用の普通預金口座。一般の銀行と同じただの預金口座。

外貨キャッシュカード取得にはもちろんこの口座の開設からスタート。

口座②:マルチマネー口座

日本円を含め複数の通貨を一つに管理ができる口座。取り扱い通貨は11種類。

国内外の対象外貨をマルチマネー口座に送金することはできるが、外貨のまま現地で引き出すことはできない。(米ドルとユーロに限り日本の店舗で外貨の引き出しが出来る。ただし手数料が高い)

口座③:米ドル普通預金口座

現地で米ドルの入出金を可能にするための口座。元々がアメリカ拠点のシティバンクということで、日本に居ながら米ドルの普通預金口座が開設できる。

勿論普通預金口座なので、付帯する米ドル用のキャッシュカードが送られてくる。

今回紹介している外貨キャッシュカードとはこのことで、米ドル普通預金から外貨キャッシュカードを使ってドルの入出金ができる。

プレスティアホームページにわかりやすい図が載っているのでぜひ確認いただければと思う。

■プレスティアの口座について

米ドル普通預金口座開設と外貨キャッシュカードの取得方法

プレスティアの口座の仕組みがわかればあとは各種口座開設。

円普通預金口座申し込み

普通預金口座の開設は他の銀行と同じように、店舗またはネット申し込みで行えばよいので割愛。

マルチマネー口座開設

普通預金口座が開設されるとインターネットバンキングが使えるようになる。その項目の中にマルチマネー口座利用開始申込というメニューがあるのでそこから手続できる。

米ドル普通預金口座開設と外貨キャッシュカード取得

本題の外貨キャッシュカードは事前にマルチマネー口座が開設されていないと手続が出来ない。

マルチマネー口座の開設が完了してから、コールセンターまたは店舗で米ドル普通預金口座開設を行いたい旨を伝える。コールセンターの場合、郵送で申し込み書類が送られてくるが、店舗であればその場で手続が完了し、外貨キャッシュカードのみ後日郵送される。

口座開設さえ出来てしまえば、あとはFXで両替してプレスティアに移しても良いし(ここはいつかご紹介)、クレカキャッシングや両替で余った通貨を現地で入金しても良いし、自由に入出金が可能となる。

プレスティアの優遇口座

プレスティアは口座維持手数料が月間2000円かかるが、一定の条件を満たした人は無料となる。

■プレスティア口座維持手数料無料条件
  • 前月の平均残高の外貨部分が20万円以上
  • 前月の平均残高が50万円以上
  • 前月末時点で住宅ローンまたはカードローン残高がある
  • 前月25日時点で提携カードの会員である
  • プレスティア円普通預金口座eセービングを新規口座として開設している会員
    (プレスティア円普通預金口座eセービングの新規受付は2012年12月5日をもって終了)

自分の場合は新規受付が終了する前にeセービングで申し込みをしていたので一番下の条件にあてはまり口座残高に限らず無料になっている。

■受付終了で幻となったeセービング口座と他の開設済口座

一番簡単な方法が終了しているにも関わらず、案内に記載されているのは癪に思うが、今から申し込む人は50万円を預けてしまうのが一番手っ取り早方法だ。

個人的には収益を生まないのに大金を置きっぱなしにしているのが勿体無く感じてしまうので、申し込めない人には大変恐縮だが、一番良い条件で口座が無料で保持できて良かったと思っている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事・スポンサーリンク