フリーダイヤルにIP電話050番号からかける方法(ブラステル)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

050から始まるIP電話では0120のフリーダイヤルへ電話がかけられないことがほとんど。しかし、今回紹介するブラステルのサービスを使えば問題なく電話をかけることが出来る。

通話料もお得なのでご紹介したい。

050番号とは

そもそもの050から始まる電話番号は何なのか?

050番号はIP電話と言われている、ネット回線を使った電話の専用番号となっている。

通常の電話回線と比べて料金がとても安いのがメリットで、フリーダイヤル(0120)やナビダイヤル(0570)、緊急通報に電話がかけられない、そして通信状況によっては音声に遅れが生じるのがデメリット。

■IP電話のメリット・デメリット比較
メリット デメリット
IP電話(050番号) ・電話代が安い
・海外からも国内料金
・機種を変えても番号変更なし
・音質が悪い
・フリーダイヤル等に制限あり
普通電話(090番号) ・高音質
・どの番号にも掛けられる
・通話料が高い
・機種変更時手続が必要

プリペイド式050番号のブラステル

050番号を提供する会社が何社もある中、自分が普段良く使うのがブラステルというサービス。

理由はブラステルが050番号提供会社の中でも、0120への電話がかけられるから。

しかも、月額料金は完全無料。

ブラステルの登録方法

ブラステルの登録は少々面倒だが、一度設定さえしてしまえばあとは簡単。流れは下記のとおり。

手順①:ブラステルカードの取得

ブラステルを利用するためには、アカウント番号をまずは取得する必要があり、アカウント番号はブラステルカードというものに記載がされている。

ブラステルカードはコンビニで無料で配られているのでそれを貰うか、もしくはクレジットカードを使って、ネット上のバーチャルカードを作り取得する。

ブラステルはプリペイド式となっており、アカウント取得時にチャージをする必要があるが、ネット申し込みの場合は最低2000円分からの購入となる。

ブラステルの通話料は圧倒的に安く、2000円あれば十分なので、もしそんなに払いたくないという人はコンビニで配っているカードから申し込むことをおすすめする。

こちらの場合は最低500円から受け付けている。

以下、バーチャルカードを使った申込み方法を記載。

■ホームページ左下のブラステルカードの申込みを選択

■ブラステルカードのオンライン取得を選択

■申込情報と購入金額選択

申し込み時に入力した番号で電話認証・SMS認証を行う必要があるのでご注意。間違った番号で申し込んでしまった場合はコールセンターへ電話を。

■申込完了メール受領

(ブラステル)カード番号はネット申し込みの場合は今後使わないので保管不要。

アクセスコードはブラステルのマイページへログインするための情報なので失くさないように。

手順②:050番号発番

バーチャルカードが取得できたら、トップよりログインして050番号を取得する。

申し込み完了メール記載のアクセスコード頭8桁がユーザーID、次の4桁がPIN番号となっている。

■マイページへログイン

■050番号発番

マイページログイン後SIPアカウントの項目より各種必要事項登録と注意事項等に同意して、050番号を発番。

■050番号発番完了メール

番号発番が完了するとお知らせメールが届く。

手順③:ブラステルアプリ設定

ブラステルで0120へ電話するにはスマホへ専用アプリ「050 Free」が必要。

iPhoneまたはAndroid用のアプリが用意されているのでダウンロード。アプリ設定はブラステルホームページ「050 Free」の案内手順に則り進めればok。

■iOSまたはandroidでアプリダウンロード

■スマホ設定案内

途中で出てくる「050 Free」のUser IDは、ブラステル申し込み時のアクセスキー8桁と同じ。パスワードは案内ページでログイン情報を入力することで確認が出来る。

User IDとパスワードで無事ログインできれば完了。これでアプリ経由で0120へ電話することが出来るようになる。

ブラステルは高音質で料金が安い

ブラステルは0120へ電話ができる他、他社より音質がかなり良いのがメリット。

音質については個人的な感想かも知れないが、ネット上でも音声の遅延や途切れが少ないという声をよく見る。

またブラステルの専用アプリ「050 Free」では、普段利用する090などの電話回線と050のIP回線をアプリ上で使い分ける事ができる。

音声の途切れが気になる時や、相手に知らせている番号で話したい時などは090番号から発信し、料金を抑えたい時は050から発信するなど、ケースによって使い分けが可能。

そしてもう一つ、ブラステルの通話料は他社と比べてかなり安い。

■会社別・通話先別料金比較
 提供会社 固定電話 携帯電話 国際電話(アメリカの例)
ブラステル 3分8.00円 30秒5.50円 1分3.99円
050Plus 3分8.64円 1分17.28円 1分9.00円
Smartalk 30秒8.00円 30秒8.00円 30秒8.00円

料金比較を見てもわかるとおり、1分あたりの料金は固定・携帯・海外宛でどのケースも一番安くなっている。携帯回線であれば、30秒で20円ぐらい通話料がかかるので半額以下。

ただ、良いことづくしに見えるブラステルだが、唯一の欠点として留守電機能が無いのでここはご注意。

また、圏外時や何らかの理由で着信出来なかった時はアプリの着信履歴にすら残らないので、発信専用で使ったほうが良いかもしれない。

IP電話は今後増えていくがまだ制約が多い

ネットを使ったIP電話は最近広がりつつあるが、フリーダイヤルや緊急ダイヤルへの通話などでまだまだ制約が多い。

今後ますますIP電話の利用者が増えるだろうから、ここは改善されていって欲しいと思う。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事・スポンサーリンク

コメント

  1. 石井千晴 より:

    金額をチャ-ジしないと電話をかけられないの?

    • mdish より:

      当時はコンビニでブラステルカードを入手した場合であれば、0120への通話はチャージ無しでも可能でした。

      ただ、大変恐縮ですが、最近はルールが変わっているかもしれません。

  2. Joy より:

    Grandstream GXP1160で固定電話化して使っています。
    ブラステルは音質が良いですね、遅延もないし普通の電話と何ら変わりません。
    メキシコに国際電話することが多いですが、めちゃ安いです。
    アメリカには500円チャージで2時間分くらいかな、500円のチャージはpaypalでしかできませんけどね

    • mdish より:

      おっしゃるとおり音質が凄く良いんですよね。

      固定電話化良いですね!端末調べて見ましたが意外とリーズナブルで良さそうですね。
      情報ありがとうございます

  3. はんぞう より:

    0120ならチャージ無しでもかけられます。

  4. h より:

    電話のかけ方がわかりません。どこにもつながりません。500円をチャージしたのですが、かけることができずに困っております。どなたか教えていただけますでしょうか。

    • mdish より:

      スマホに050 Freeというアプリはインストールされましたでしょうか?

      アプリをインストールして、IDとパスワードを入力すればチャージ金額の範囲で利用できます。

  5. h より:

    はい、アプリはダウンロードしました。でも電話がかけられないのです。

    • mdish より:

      アプダウンロード後に申込み時に発行されるID等を入力する必要があります。

      入力が無事完了すればアプリ上にチャージした残高が表示されますが、それは出ていますか?

  6. null より:

    発信者番号登録済みの電話番号からダイヤルして初期設定とありますが、
    一度は090等から始まる番号で設定しないとダメということでしょうか?

    • mdish より:

      私が申し込みした当時は電話番号が必須でした

      ただ、090でなくても他の050番号でも問題ありませんでした。無料の050サービスであれば他にはsmartalkなどがあります

  7. 060plus より:

    最近フリーダイヤルにかけると、ナビダイヤルの待ち時間に途中できれてしまいます。
    仕様がかわったとおもわれます。20回以上、3社で確認しました。できたら確認おねがいします。

    • mdish より:

      なるほど。今度確認してみたいと思います。情報ありがとうございます。

    • mdish より:

      2ヶ所で試してみたところ、私の方では問題ありませんでした。

      通話先によっては番号非通知は拒否するところもあるようなので、それですかね?