TOHOシネマズのプレミアムシアターについて。通常スクリーンとの違いは?追加料金は?

最近の映画館には様々なスクリーンがあるが、今回TOHOシネマズが一部劇場に導入しているプレミアムシアターについて紹介したい。

迫力のあるスクリーンでかなりおすすめ。

プレミアムシアターとは?通常スクリーンとの違いは何?

プレミアムシアターとはTOHOシネマズが一部の劇場に導入している特別スクリーン。「映像」・「音響」・「座席」にこだわったハイエンドシアターとなる。

通常スクリーンとは違って次の3つが導入されている。

  1. ラージスクリーンTCX
  2. 劇場に最適化されたサウンド
  3. プライベート空間が確保されたシート

それぞれ説明してく。

独自規格のラージスクリーンTCX

TCXはTOHOシネマズ独自規格の巨大スクリーン。

通常スクリーンより約120%拡張されており、壁面いっぱいに画面が広がっているのが特徴。

座席からだと分かりにくいがスクリーン前に行くとその大きさが実感できる。

スクリーンが大きいのでかなりの迫力。

ちなみにTCXはプレミアムシアター以外でも一部シアターで採用されている。

劇場の形状に合わせたプレミアムサウンド

次は音響。劇場の形状に最適化した形でスピーカーをカスタマイズしており、広域帯で高精細な出力が可能になっているとのこと。

残念ながら自分には違いが分からなかったが音響にこだわる人であれば分かるかもしれない。

プライベート空間が確保されたプレミアムシート

次は座席。

プレミアムシアターには左右をパーテーションで遮ったプレミアムシートボックスが導入されている。プライベートな空間が確保されより映画に集中ができる。

ただ、こちらは追加料金が必要。残念。

プレミアムシアターの料金は?

プレミアムシアターは鑑賞だけであれば追加料金不要。通常シアターと値段は全く同じ。特別席であるプレミアムシートを使う場合のみ追加費用が発生する。

個人的には通常料金でIMAX並のスクリーンサイズで映画を見られるのであれば断然こっちの方が良いと思っている。

※ちななみにIMAXはスクリーンのみならずフィルム自体も大きい

プレミアムシアター導入劇場は?

プレミアムシアターを導入している劇場はまだ少なく次の5つになる。

・TOHOシネマズ日比谷(東京)
・TOHOシネマズ立川立飛(東京)
・TOHOシネマズセブンパーク天美(大阪)
・TOHOシネマズららぽーと福岡(福岡)
・TOHOシネマズ熊本サクラマチ(熊本)

一方でTCXスクリーン導入劇場であればこちらもっと多い。

日比谷(東京)、新宿(東京)、池袋(東京)、六本木(東京)、日本橋(東京)、立川立飛(東京)、仙台(宮城)、ららぽーと富士見(埼玉)、ららぽーと船橋(千葉)、柏(千葉)、市原(千葉)、赤池(愛知)、梅田(大阪)、くずはモール(大阪)、セブンパーク天美(大阪)、ららぽーと福岡(福岡)、アミュプラザおおいた(大分)、熊本サクラマチ(大分)

こちらも追加料金は無いので大きな映像を楽しみたい人は対象シアターを選んでみると良いと思う。

ちなみにIMAXについて過去説明している記事ありますので興味があればぜひ。

○IMAXとIMAXレーザーの違いは何?

IMAXレーザーが川崎と名古屋の109シネマズに導入されたので株主優待を使って鑑賞をしてきた。 大画面でクリアな映像を楽しむことができ...

以上です。