バーミヤンのしゃぶしゃぶ食べ放題はコスパ最強だと思う。QUOカード株主優待を使って食べる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 7

この前バーミヤンの火鍋しゃぶしゃぶ食べ放題を食べに行った。

おっさん1人食費を浮かすために16時頃の中途半端な時間を狙って朝昼晩兼用で食事。

1人税込みで1835円。これで食べ放題だからかなりコスパは良いと思う。

支払いはサムコのQUOカード株主優待と10%OFFクーポインとTポイントを駆使して0円。

株主優待利用・お得実績

◯請求:1835円
◯株主優待:−1000円
◯クーポン:−183円
◯ポイント:−652円
◯現金:0円

バーミヤンの火鍋しゃぶしゃぶ食べ放題

今回食べたのはバーミヤンが提供するしゃぶしゃぶ食べ放題メニュー。

値段は基本セットだと税込みで大人1835円で小学生は1079円。メニューは10種類で100分間食べ放題。

基本セット以外にはメニューを27品に増やしたプレミアムセットやドリンクを付けた飲み放題セットのコースもある。こちらは2000円〜3700円。

■しゃぶしゃぶ食べ放題料金

スープは4種類用意されておりこの内2つを選ぶ。今回選んだのは麻辣スープと甘醤油スープ。片方は普通に辛いし、もう片方は甘い。ノーマルスープが良いね。ちなみにスープの付け足しは無料。

あとつけダレはポン酢とごまダレ。

■スープ

そして肝心の具は肉類(牛・豚・牛)と野菜、餃子・ワンタン、麺類、ごはん類とおかずから〆まで種類が豊富。合計10種類。

■メニュー※画像はバーミヤン(http://www.skylark.co.jp/bamiyan/menu/hinabe.html)より

これで1800円ぐらいなので物凄くコスパが良い。

おっさん一人でしゃぶしゃぶ

アラサーになると「食べ放題でも適量でいいや」ってなるかと思いきや「食べるなら限界まで!」という意気込みで、朝昼を抜いて16時という中途半端な時間に1日分の食事として食い貯めをする。

店内には全く人がいない時間帯だったので注文もすぐ来て良い。

■麻辣スープと甘醤油スープ

■初回セット

しゃぶしゃぶって具を一気にいれて良いんだっけ?これだとしゃぶしゃぶというより鍋状態か。

■鍋

最後はご飯入れて玉子落としておじやにして最高にうまかった。

コスパ最強で大満足。

すかいらーくグループはQUOカードが使えます

今回のバーミヤンはすかいらーくグループが運営する中華ファミレス。

すかいらーくはガストやジョナサンなどいくつものファミレスブランドを運営しているが、ジョナサンを除いてQUOカードが利用できる。

QUOカード狙いの株主優待銘柄を自分はいくつか持っているが、貰ったQUOカード優待はもっぱらファミレスで利用している。

QUOカードはこの他ファミレス以外でもコンビニやドラッグストアで使えるので汎用性は非常に高い。

ただし・・・。

ただし、QUOカードの株主優待は微妙かも

現在自分が保有するQUOカード株主優待銘柄は3種類。

■保有QUOカード銘柄と優待利回り
  購入時価格 株主優待 優待利回り
ポケットカード 55,000 1,500 2.73%
サムコ 115,500 2,000 1.73%
明光ネットワーク 145,000 3,000 2.07%

ただ、元々は4銘柄で、ちょうど今年になって1社がQUOカード優待を廃止してしまっている。

当時はQUOカードの汎用性の高さに魅力を感じていたのだが、QUOカード優待はコスト面で結構廃止になりやすく、今回実際に自分が保有していた銘柄や、他社でいくつもの会社がQUOカード優待を廃止しているのを見ると、実はQUOカード目的での株主優待投資は微妙だと思うようになった。

廃止のリスクを考えるとQUOカード株主優待目的の投資はやはり避けるべき。

話しを戻すがバーミヤンのしゃぶしゃぶはコスパ最強

話しを戻すとバーミヤンのしゃぶしゃぶ食べ放題は値段の割には注文できるメニューも多く大変満足。

家族で行っても子供料金やシニア料金があるので良いと思うし、飲み放題コースもあるので宴会で使うというのも全然有りだと思う。

さすが庶民の味方すかいらーく。

お得だと思うので、気になっている方はぜひバーミヤンのしゃぶしゃぶ試してみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事・スポンサーリンク