ブラックカードのホテル優待特典を使ってお得度を検証してみた!実際は大した内容では無かった!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

ブラックカードというと年会費は物凄く高いが、その分豪華な特典が付帯しているというイメージがあると思う。

確かに自分が保有しているブラックカードVisa Infiniteにもコンシェルジュやホテル特典が付帯しているのだが、ホテル特典はまだ一度も使えてはいなかった。(コンシェルジュは過去使ってみている。)

今回そんなホテル特典も試してみたのでご紹介したい。

結論から言うと期待していた程でもなかった。


2018年5月追記

2回目リベンジしたらアップグレードに成功しました。今回は満足。

先日旅行でブラックカードのホテル特典を使った。 内容は無料のアップグレードとレイトチェックアウト。あとは施設内の飲食で使えるホテルクレ...

ブラックカードとは?

まずはじめにブラックカードについての説明。

過去にも紹介しているが、ブラックカードとはVisaやMasterなどが定める最上位ランクのクレジットカードの俗称の事。

実際はそれぞれの国際ブランドが正式名称を定めていて、Visaの場合はVisa Infinite、Mastercardの場合はWorld Eliteという商品名で世界展開している。

■VisaとMastercardのブラックカード

この中で自分はVisa Infiniteを持っていて、昨年からいろいろサービス内容を調べたり、特典を実際に使ったりしている。

このVisa Infiniteは最上位カードとして海外の空港ラウンジサービスは勿論のこと、コンシェルジュサービスも付帯しているので内容的には申し分無い。

ホテル特典:Visa Luxury Hotel Collection

今回実際に使ってみたのは、Visa Infiniteカードで使えるVisa Luxury Hotel Collectionというホテル優待サービス。

これはVisa社が上級カード会員向けに専用で運営している予約サイトで、このサイトを通してホテル予約をすると、部屋のアップグレード、朝食無料付帯、レイトチェックアウトなど様々な特典が受ける事ができる。

■Visa Luxury Hotel Collection

特典の対象カードはVisa InfiniteとVisa Signatureそして一部の国・地域で発行されたVisa Platinum。

日本で発行されたVisa Platinumは残念ながら対象に含まれていないため、三井住友VISAのプラチナカードを持っていてもこのサービスは使えない。

一方スルガ銀行の発行しているSURUGA Visa InfiniteならVisa Infiniteなのでサービスの対象となる(はず)。

ちなみに楽天カードで試してみたら当たり前だが対象外と弾かれた。

■楽天カードで突撃

Visa Luxury Hotel Collectionのお得度を検証

Visa Luxury Hotel Collectionは前からぜひ試してみたいと考えていた。

そんな中、今回8月に行ったタイ旅行でこの特典を使う機会があったので、実際どこまでお得なのか検証をしてみている。

案内に書かれている特典内容は次の7点。

■ホテル特典内容(原文)

  1. Best available rate guarantee
  2. Automatic room upgrade upon arrival, when available
  3. Complimentary in-room Wi-Fi, when available
  4. Complimentary continental breakfast daily
  5. $25 USD food or beverage credit
  6. VIP Guest status
  7. 3PM check-out upon request, when available

一つ一つ見ていく。

特典1. ベストレート保証

まずはベストレート保証。

これはVisa Luxury Hotel Collectionで表示されている宿泊料が他社よりも高ければ、予約後24時間以内の申請で同じ最低価格が適用してもらえるというもの。

ただし、キャンセル規定等が同一条件の宿泊に定められている。

本当にベストレートになっているか調べている。

今回宿泊したホテルは以前紹介したSo Sofitel Bangkok。

◯SO Sofitel Bangkok

先日バンコクへ旅行に行ってきた。最後3日間はリッチに高級ホテルへの宿泊を計画し、部屋からの景色が良いホテルをということでSO Sofitel Bangkokを予約した。なかなか良かったのでレポートする。

部屋ランクは下から2番目で3泊の宿泊。

まずはVisa Luxury Hotel Collection側の料金。

■Visa Luxury Hotel Collection

税込みで合計24,717タイバーツ。

改めて見るとアホ高いホテルに泊まったなと今更ながら思う。

そして比較対象は自分がよく使うAgoda。部屋ランクや宿泊日などは全て一緒。

■Agoda

税込みで合計24,717タイバーツ。

Visaとの差は無く、問題なくベストレートになっているようだ。と言いたいところだが、Agodaにはもう一つの宿泊コースがある。

それは一度予約したらキャンセルが不可になるが、その分宿泊料が割引になるコース。

■Agoda(キャンセル不可)

この場合は税込みで合計18,537.75タイバーツ。

同じ部屋タイプと同じ日付でもこっちの方が安い・・。

Visa Luxury Hotel Collectionだめじゃん!ってことでベストレート保証の申請をしようとするが、そもそもキャンセルの条件が異なる予約なので申請不可。

結果としてはVisaより他社の早割りプランの方が良いということになった。

残念すぎ。

ただ、Visaの優位性は残っている可能性がある。

というのはVisa経由でホテルを予約し、もう1つの特典である部屋のアップグレードが適用されるのならAgodaよりも安くなる。

詳しくは下記表を見て欲しい。

■料金比較
No. サイト 部屋ランク 金額 備考
Agoda 5 THB 18,537.75 早割料金
Agoda 5 THB 24,717.00 一般料金
Visa 5 THB 24,717.00 一般料金
Visa 4 THB 24,717.00 アップグレード適用時
Agoda 4 THB 24.893.55 早割料金

今回泊まったホテルは上から1〜6までの部屋ランクがあり、予約したのはランク5の部屋。

この場合、Visaで予約出来るのは通常料金(No.③)になり、Agodaの早割料金(No.①)より高くなってしまう。

ただ、この時に別特典にあるアップグレードが適用となれば、ランク5の通常料金のままランク4の部屋(No.④)が予約出来ることになる。

このケースだとAgodaでランク4の部屋を早割(No.⑤)で予約するよりも、Visaを使った方がお得になる。

今回は同一ランク内ではAgodaに負けるが、アップグレードを期待してそのままVisa経由での予約を続行した。

◯検証結果:
他社の早割の方がお得。もしアップグレードが適用されるのであればVISAがお得になるケースもある。

特典2. 部屋のアップグレード

では実際部屋のアップグレードがどうだったのかと言う部分。

Visaのサイトでは部屋のアップグレードは次のように書かれている。

  • Automatic room upgrade upon arrival, when available

ここで大事なのは、アップグレード特典は確約されている内容ではなく、”when available(空きがあれば)”となっている部分。

で、どうだったのかというとこれも失敗・・。

今回宿泊したSo Sofitel Bangkokは部屋のランクが1〜6まであり、それぞれに名前が付いている。

■ランク
部屋ランク 部屋名称
1 SO LOFTY
2 SO SUITE
3 SO STUDIO
4 SO CLUB
5 SO COMFY
6 SO COZY

ランク4のSO CLUB以上だとラウンジ(特定のフロアの宿泊客しか入れいないホテルラウンジ)が使えるため、今回はランク5で予約して、ランク4へのアップグレードを狙っていた。

チェックイン時には「角部屋にアップグレードしました!」とスタッフに言われたが、実際に通されたのは眺めは良いけどランクは同じままの部屋。

■アップグレードと言われたがランクは変わらず

念のためその場でラウンジは使えるのかとスタッフに聞いたところ、不可との回答。

残念すぎる。

◯検証結果:
アップグレードされるか当日までわからない。アップグレードと言われても部屋の眺めが良くなるだけの可能性あり。

上のランクが空いていても、部屋の場所をもってアップグレードとするケースもあるのかもしれない。

ここはぜひとも他のホテルでも試してみたいと思っている。

特典3. 無料Wi-Fi

次は無料Wi-Fi。ヒルトングループのようにホテルによってはWi-Fiを全開放していないところもある。

ただ、今回のSO Sofitelは宿泊者全員が無料でWi-Fiを使えるので特に特典のメリットは無し。

もしVisa特典を使ってヒルトン系列に宿泊する機会があれば試してみる。

◯検証結果:
N/A

特典4. 無料朝食付帯

実際に試してみて一番お得に感じたのが朝食付帯特典。

朝食なしの一般料金で予約をしていても毎日無料で朝食が付いてくる。

■朝食 

お高いホテルの朝食ビュッフェは、メニュー豊富で美味しい事が多いため、非常にありがたい。

他の特典と違って無条件で適用になるのでかなり良かった。

◯検証結果:
朝食が無料付帯になりとてもお得!

特典5. $25分のフード&ドリンククレジット

次は$25分の飲食割引クレジット。

ホテル内の飲食に対して予め$25分が割引になるというもの。

使い方は簡単で、ホテル内のレストランやバーで飲食をした後、請求書を貰ったら「部屋にチャージしてくれ」と店員に伝えるのみ。

そうすれば最後のチェックアウト時に請求がされるので、$25のクレジット分を割引してもらって精算を行う。

■ホテル内のバー

ただ、自分の確認不足が悪いのだが、ホテルのスタッフからは事前に「$25 per stay」 と説明を受けていたので、てっきり3泊だから$25×3泊=$75分が割引になるのかと思っていた。でも実際は違っていた。

ホテルの言う1 Stayというのは宿泊日数ではなく、1回のチェックインからチェックアウトまでの事を示すらしい。そんなの知らんわ!

おかげで余分に飲食代を支払う事になったしまった。残念。

ということで次回再チャレンジする際は、25$相当を超えない範囲でうまく活用したいと思います。

特典としては良いと思う。

◯検証結果
割引になるのでお得!でも使い方は間違えないように

特典6. VIPゲスト待遇

次はVIPゲスト待遇。

これはVisaの説明によると、ホテル側からVIP客として扱ってもらえるというもの。

チェックインで並んでいたら専用レーンに通してもらえるとかあるのかも分からないが、今回の宿泊では全くそれらしい待遇は無かった。

よく分からん。

◯検証結果:
特にメリット無し

特典7. 3PMレイトチェックアウト

レイトチェックアウトと言うのは、ホテルが定めるチェックアウト時間を超えて客室に滞在することが出来るサービス。

Visa特典では3PMのチェックアウトの申請が可能となっている。

ただ、これも”when available”の但し書きがある。

まあ、次に予約をしている人が居たら部屋を空けないといけないのでしょうがないよね。

今回の宿泊でも最終日にフロントへ申請してみたが、あいにく次の宿泊客が来るということで受け付けて貰えなかった。

残念。

ちなみに一般的にレイトチェックアウトは追加料金を支払う必要があるのだが、今回のVisa特典ではどうなるのか特に説明書きが無かった。

他の特典と違って”Complimentary(無料)”とも書かれていない。

恐らく無料かとは思うが申請の際には要確認。

◯検証結果:
今回は受け付けて貰えず。無料なら良いと思う。

ホテル特典のまとめと評価

以上7つの特典を検証してみたが、まとめるとこんな感じ。

■特典評価
特典内容 評価
価格保証 微妙
部屋アップグレード 微妙
無料Wi-Fi 該当ホテルなら良いと思う
無料朝食 良い
$25分クレジット 良い
VIP待遇 微妙
レイトチェックアウト 無料なら良いと思う

正直なところ個人的には大した事がないと思った。

確かに朝食が無料で付いてくるとか$25分クレジットとかの特典は良いんだけど、そもそもAgodaとかで早割予約すればその分、代金も浮くのでここはトントンかと。

あくまでも個人的な感想ね。

ホテル特典の検証継続と活用方法の検討

今回初めてホテル特典を使ってみたが、まだ1社でしか試せていないので、もうちょっと検証してみたいなと思っている。

特に部屋のアップグレードとかは本当に上のランクが空いていれば変えてもらえるのか?とか、レイトチェックアウトは無料なのか?とかそこら辺をもっと調べたい。

コメントでも教えてもらったのだが、チェーン系のホテルはアップグレードといってもショボい場合が多いらしいので、今度は独立系ホテルを狙ってみようと思う。

またVisa Luxury Hotel Collectionでは定期的に特定のホテルでキャンペーンをやっているので、そこに便乗するのもありかなと思っている。

■4泊目無料

■$100クレジット

こんな感じで連泊で1日泊が無料になったり、通常$25分のクレジットが4倍の$100分になったり結構良さ気なキャンペーンをやっている。

これなんかもっとアツい。

■3泊目無料

2泊分の支払いで3泊できて、しかも毎日マッサージが受けられる。

ちゃんと詳細読まないとまた落とし穴的なのがありそうではあるがこういうのを上手く活用しない手はないと思っている。

これからもお得生活の実現に向けていろいろ研究したいと思う。

ちなみに今回の検証で宿泊したSO Sofitel Bangkokの宿泊レポは上でもリンクを貼ったがこちらにまとめている。気になる人はどうぞ。

◯SO Sofitel Bangkok宿泊レポ

先日バンコクへ旅行に行ってきた。最後3日間はリッチに高級ホテルへの宿泊を計画し、部屋からの景色が良いホテルをということでSO Sofitel Bangkokを予約した。なかなか良かったのでレポートする。

またブラックカードについてはこちらで紹介している。

◯年会費無料のVisa Infinite(最上位ブラックカード)を入手

Visa社が提供する最上位のクレジットカード「Visa Infinite」を年会費無料で入手した。一通り利用したので紹介したい。 Vi...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事・スポンサーリンク

コメント

  1. intercontipapa より:

    アコープラチナだと、やはり譜代の優良客と言うことになるので、優先レーンも行けるはずですし、クラブフロアもありなのかもしれません。あくまで経験値ですが、インターコンチやヒルトンは今までほぼちゃんとしたワンナップをしてもらっている気がします。SPGは同じタイプ高層階パターンでショボ、マリオットも割とちゃんとアップグレードしてくれる気がしますが、おこぼれゴールドでも持っているとクラブラウンジは必ずついてくるので、あんまり気にしていません(笑)。

    私も11月のハワイ島・オアフ島で、アメックスプラチナと平ダイナース(2039千円引き落とし済みのステータスで突撃成功しました。審査中。)で独立系にコンシェルジュ経由のカード優待を使ってみますが、ダイニングクレジットはVISA同様カード会社経由かツアーしかない気がします。

    • mdish より:

      ありがとうございます。独立系またはヒルトン系で次回はチャレンジしてみます。

      アメックス・プラチナ気になります。そのレベルならちゃんとした優待は付いてそうですね。ぜひ戻られた際にどうだったか教えて頂きたいです!