会社の福利厚生使って海外3つ星ホテル朝食付を1泊500円で予約!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 9

今年の夏休みは無事に書類審査の承認が下りたマレーシアMM2Hビザの本申請をしに首都クアラルンプールへ。日程は11月で観光を兼ねて6泊7日で予定している。

前半4日間の宿泊は会社の福利厚生を使って朝食付きで1泊あたりたった500円で予約した。

会社の福利厚生は探せば意外とお得なのがあるので、社畜の方々に向けて意識喚起をしたい。

ちなみに旅行の後半はこちらのお得な方法でリッチにヒルトンのラウンジルームを2泊確保。

AgodaとSony Bank WALLETの相性抜群!外貨払いでホテル予約の裏ワザ

agodaホームページ(https://www.agoda.com/ja-jp)より旅行サイトのAgodaとソニー銀行のデビットカードSony Bank WALLETの組み合わせで物凄くお得にホテル予約ができる。年利5%でソニー銀行で外貨預金をしながら、その利子でSony Bank WALLETを使って外貨のまま…

目次 [show]

お得に海外ホテル予約

◯請求:17200円(4泊)
◯割引:−15200円
◯現金:2000円(4泊)

apple2

社畜特権の福利厚生カフェテリアプラン

多くの会社で導入しているカフェテリアプラン。年間◯万円相当のポイントを付与し、社員がそれぞれ自分の好きなサービスにポイントを使って申し込みをすることが出来る。

自分の会社の場合は年間1.5万円相当のポイントが毎年付与され、健康・介護・旅行など様々なサービスに使うことができる。

■カフェテリアポイント

3

2

ポイントは自分の会社の場合、提携している福利厚生サービス代行企業のベネフィット・ワンが扱うサービス内で使うことが出来きる。

ベネフィット・ワンでは自社及び提携の旅行サイトを通じて国内外のホテル予約が可能。ただ、あくまでも福利厚生代行業者なので取り扱いホテル数は海外だと極端に少ない。

ここで、いろいろ探していた所、旅行予約サイト「アップルワールド」がベネフィット・ワン経由で申し込む事が出来ることを発見。

■アップルワールド

apple3

ベネフィット・ワンのサービスは単純に割引特典だけのものも多いが、アップルワールドではカフェテリアポイントの自動決済機能が付いている旨表示されている。(画像右)

あとは案内の手順通りホテルを探して予約をすれば完了。この際にカフェテリアポイントを申請することを忘れず行う。

立地抜群の3つ星ホテルを予約

今回予約したのは首都クアラルンプール中心のKLセントラル駅から徒歩圏内にある3つ星ホテル「ホテルセントラル(Hotel Sentral)」。朝食付きのスタンダードルームで1泊4300円。

4泊予約で合計17200円。

■予約ホテル

apple5

■立地抜群

駅まで徒歩9分とあるが、恐らく建物内を突っ切ればもっと早い。

予約はカフェテリアポイントを申請

ホテルの予約は通常の手順通り行い、最後の決済画面でポイント申請をする。今回ベネフィット・ワンの独自ポイントのベネポも決済に使えるということだったので、そちらも200円分追加で申請。

請求金額17200円から全部割り引いて実際に支払ったのはたった2000円。1泊あたり500円。

■カフェテリアポイントの申請

apple4

■支払金額は2000円だけ

apple6

ホテル代15000円を浮かせた分他の予算に充てることができ、非常にありがたい。

 社畜は福利厚生を積極的に活用すべき

今回は会社が提供している福利厚生の1つを使ったが、他の社員でこのポイントの存在を知らず、有効期限切れにさせてしまったという人も居た。自分からしたらちょっと考えられない。

せっかく会社が用意している社員向けサービスなので積極的に使わないと勿体無い。

無理に旅行しろということでは無く、ホテル予約以外にも帰省時の交通費やジム代など調べれば様々な分野で使えるのが分かるので実質1.5万円を捨てているようなもの。

言い方が悪いかもしれないが、こういった面で情報に無頓着な所謂”情弱”の人は普段の生活の中でも損をし続けていると思われる。社畜であれば、是非自社の福利厚生サービスを調べて積極的に活用すべきだ。

ちなみに4泊は3つ星ホテルに泊まり、後半2泊は5つ星のヒルトンに泊まる。実はここも駅の目の前にあり、ホテル間の移動も楽にできてしまう。

■予約ホテル(後半)

apple7

■立地

11月が非常に楽しみだ。あとは帰りの航空券をANA旅行券使って購入したら全て手配完了。

ちょうど羽田国際線ターミナルへ仕事で行く機会があるので、そこで買ってしまおうと思っている。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事・スポンサーリンク