はま寿司のラーメンはクオリティが高くて美味い!ゼンショーの株主優待を使って食べる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 10

ゼンショーより株主優待と配当を貰ったのではま寿司へ行ってきた。

ここはラーメンのクオリティが異常に高く、毎回注文している。

ぜひご紹介したい。

株主優待・配当実績

◯保有:1,000株
◯配当:7,172円(税引き後)
◯株主優待:12,000円分

はま寿司の人気サイドメニュー「ラーメン」

回転寿司チェーン大手のはま寿司は他社同様に豊富なサイドメニューを提供している。

その中でも人気があるのがラーメン。

はま寿司ではただのラーメンではなく、こだわりの一品を提供しており、1杯300円台にも関わらずそのクオリティは異常に高い。

■はま寿司のラーメン※はま寿司ホームページより

定期的な商品変更も行われているのだが、今回はちょうど昨年発売して2ヶ月で100万食以上を売り上げたという「北海道濃厚味噌ラーメン」の復刻版が再販売された。

値段は360円+税と非常にリーズナブル。

はま寿司のラーメンを食べる

今回はラーメンだけを食べに行ったわけではないので、席に着いていくつか寿司を食べた後にラーメンを頼む。

注文方法はタッチパネルからサイドメニュー欄のラーメンを選択する。そうするとレーンではなく、店員がカウンターまで運んできてくれる。

届いたのがこれ↓

■北海道濃厚味噌ラーメン

即席麺のようなグニャグニャ麺ではなくしっかりコシのある麺。スープもカップ麺とかと違って適度な脂もあり非常に濃厚。めちゃくちゃうまい。

今回も当たりだった。

これ以外にもはま寿司に行くときは毎回ラーメンを食べているのだが、いつもそのクオリティに満足している。

■荒節醤油ラーメン

この醤油ラーメンもレギュラーメニュー化して欲しいと思ったほど良かった。

ゼンショーグループのはま寿司

はま寿司はゼンショーグループ傘下の回転寿司チェーン。

同社は2002年設立と業界内では新興企業ではあるが、ゼンショーグループの力を使って急激に店舗数を増やし、現在は業界第1位の店舗数を誇っている。

■回転寿司店舗数ランキング(2017.12現在)
順位 店舗名 店舗数
1位 はま寿司 486
2位 スシロー 484
3位 くら寿司 404
4位 かっぱ寿司 347

過去業界トップであったかっぱ寿司は、コロワイド傘下に入っても赤字が続いて悲惨な状況だがはま寿司はかなり勢いがある。

これからにも期待出来る。

ゼンショーの株主優待

ゼンショーの株主優待はグループで使える食事券。

単元株100株保有で年間2,000円相当(500円券2枚×年2回)が貰え、グループ傘下運営の店舗で使うことができる。

■ゼンショーの株主優待
保有株数 優待内容
100株以上 年間2,000円分の食事券
300株以上 年間6,000円分の食事券 
500株以上 年間12,000円分の食事券
1,000株以上 年間24,000円分の食事券 
5,000株以上 年間60,000円分の食事券 

またゼンショーの株主優待は保有株数が増えると、1株当りの優待額も増える形になっている。

■1株当たり優待額
株数 優待 1株あたりの優待額
100株 年間2,000 円分 20円
300株 年間6,000 円分 20円
500株 年間12,000 円分 24円
1,000株 年間24,000 円分 24円

現時点では500株または1,000株で持つのが最も効率的。

過去多く株を保有する株主へ優遇する内容へ変更した時はいろいろ改悪と騒がれたが、個人的には逆に改善だと思った。

現状単元株投資が一番お得な優待設計をしている企業が多いので、ぜひともゼンショーを見習って欲しいところ。吉野家ホールディングスとか。

以上になります。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事・スポンサーリンク

コメント

  1. intercontipapa より:

    ゼンショーもココスやビッグボーイなどチャネルが多いので1000株は羨ましいです(笑)。はま寿司も前は職場のそばのそばにあり良く行ったのですが、ラーメンは知りませんでした。ありがとうございます。