アメックスの空港手荷物無料宅配サービスはダイナースよりお得

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

アメックスカードに付帯する空港手荷物無料宅配特典は、自宅と空港間でスーツケースなどの手荷物を無料で宅配してもらえる便利なサービス。

この宅配サービスは、いくつかの上級カードであれば自動で特典が付帯しているが、アメックスカードなら出発時でも使えるため、同じステータスカードでも実はダイナースカードよりもお得。

空港手荷物宅配サービスとは?

空港手荷物宅配サービスとは、スーツケースなどの手荷物を旅行出発前に自宅から空港へ、あるいは帰国時に空港から自宅へ運んでもらえるサービス。

旅行時に重たい荷物を持ち運ばずに済むのでとても便利。

元々空港手荷物宅配は、JALエービーシーなどの専門会社が提供しているサービスで、料金を払えば誰でも利用することは可能。

そしてこの手荷物宅配サービスは、いくつかのゴールドランク以上のクレジットカードであれば、付帯特典として何度でも無料で使える。

■JALエービーシーの空港手荷物宅配サービス
※通常の利用であれば、料金は一番安くて往復3800円。

アメックスカードとダイナースカードの手荷物宅配無料サービス

手荷物宅配サービスの無料特典が付帯してるカードとしてアメックスカードとダイナースカードがある。

ステータスカードとしてよく比較されるアメックスとダイナースだが、利用できる手荷物宅配サービスの条件は実は異なる。

■アメックスの手荷物宅配無料サービス

※画像はアメックスゴールドで、あるがアメックスのスタンダードも同条件。

■ダイナースの手荷物宅配無料サービス

赤枠で囲った部分に記載があるとおり、アメックスであれば行きと帰りの両方で手荷物宅配が利用可能だが、ダイナースは帰りの際のみ利用ができる。

もし旅行に行く際に事前に、特典を使って手荷物を空港に送ってしまおうと思っても、アメックスしか使えないので注意が必要。

出発時の手荷物宅配利用方法(アメックス)

出発時の手荷物宅配サービスの利用方法をご紹介。

出発時にアメックスカードの特典で手荷物宅配サービスを利用するには、電話またはウェブで事前申込みを行う。

今回自分は、ウェブ申込みで手続をした。具体的なやり方は次のとおり。

①アメック専用ページよりJALエービーシーのサイトへリンク

nimo12

注意書きにあるように出発の7日前までには手続をしなければいけないので要注意。

②JALエービーシのアメックス専用サイトよりログイン

nimo11

JALエービーシーにアメックス専用のページがあるので、初めて利用する場合は会員登録をしてマイページへログインをする。

③アメックスのカード情報認証

nimo10

JALエービーシーの専用サイトでの申込み手続を行う際に、アメックスカードのカード番号と有効期限の入力が求められる。

④情報入力

nimo9

カード情報の認証が済むと、出発の便や集荷先の住所などの入力欄が出て来る。

⑤集配日の登録

nimo8

最後に集荷情報の入力。情報入力欄の下の方にあるので、集荷日時を指定する。

また、運送業者は3社より選択ができるようになっているが、ヤマトと郵政は”空港払い”と書いてあってよくわからないので、自分は何も記載の無い福山通運を選択した。

⑥完了メール

nimo5

⑦集荷と空港での受取

nimo7

予約が完了すれば、指定した集荷日に指定の住所まで運送業者が荷物を受け取りに来る。その際に集荷表を渡されるので、保管をしておく。

ちなみに集荷日時は、集荷予定日の前日18時までならマイページ上で変更可能。

そして、当日空港についたら、空港のJALエービーシーカウンターで集荷表を渡して、搭乗券を提示のうえ、荷物を受け取る。

帰国時の手荷物宅配利用方法(アメックス・ダイナース)

次に帰国時の手荷物宅配の利用方法。

帰国時の手荷物宅配申し込み方法は至って簡単。

各空港の到着ロビーにJALエービーシーのカウンターがあるので、搭乗券とカードを提示のうえ、送付表を貰って送り先を記載し、提出するだけ。

アメックスもダイナースも使い方は同じ。

■アメックス(羽田空港で利用)

nimo2

■ダイナース(成田空港で利用)

nimo1

前回の旅行時は成田空港で、今回は羽田空港国際線ターミナルで使った。

両方とも関東圏内への送付であったが、成田からは到着まで2日かかり、羽田であれば翌日には届いた。

空港へのアクセスも断然良いし、使うならやっぱ国際線も羽田だね。

カード付帯特典は上手く使えばかなりお得

今回の手荷物宅配やその他空港ラウンジ特典のように、一般でサービスを申し込むよりも、クレジットカードの特典経由であれば、お得になるケースが多い。

そして、今回は年会費有料のカードに付帯する特典であったが、年会費無料のスタンダードカードであっても、例えば海外旅行傷害保険など、お得なサービスが付帯している事がある。

また、カード発行会社だけでなく、MasterCardなどのカードブランドが特典を提供しているケースもある。

■MasterCardブランドのゴールドカード特典

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-11-12-19-48-11

上記の例は、国際ブランドのMasterCardが日本で提供している特典で、カード発行会社を問わず、MasterCardブランドの付いたゴールドカードであれば、誰でも手荷物宅配が一律500円になる。

無料の特典よりは劣るが、手荷物宅配サービスが付帯していなくてもゴールド保有者であれば誰でも申し込める。

もちろんVisaやJCBでも同様のサービスを提供しているので要チェック。

このようにクレジットカードにはお得な特典がたくさんある。今一度自分が保有しているカードの特典を確認してみてはいかがだろうか?

※ちなみに空港ラウンジ特典を使う場合はダイナースの方が良い。羽田の国際線ターミナルであればダイナース2カ所使えるが、アメックスは1カ所のみ。また海外ラウンジもダイナースは年間利用無制限だが、アメックスは2回のみ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事・スポンサーリンク