【独り言】株を長期保有するというスタンスについて

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 2

恒例の独り言。写真は旅行で回った各国々のものを掲載。今回は株の長期保有についての自分の考え。

株式投資はギャンブル?

株式投資がギャンブルとみなされることがよくあるが、個人的には全く否定はしない。元本が減るリスクがある以上、利益が得られるか損をするかの賭けになっているのは事実。

個人的に思うのは何を持って利益と見なすかだ。

株式会社はご存知のとおり、オランダ東インド会社にて世界で初めて誕生した。投資家より株式を募り、その資金を元に稼いだアジアとの交易利益を還元するというもの。この考えでは、会社の行った事業で上げた収益が、株主へ還元されることで株式投資の利益が得られたことになる。(長期の利益確保・インカムゲイン)

その一方で、現代の世間一般では株がいくら値上がったか。いくらで売れたかなど株の値動きで利益を見る場合が多い。(短期の利益確保・キャピタルゲイン)

どちらが本来の利益なのかというのは無く、単なるスタンスの違いになる。

塩漬け・長期保有は素人の考え?

自分の場合は会社からの収益分配を長期的に受ける形での利益追求スタンス。株主優待・配当をもらい続けることで、利益を得ていこうと考えている。

値上がりの差益を日々追求するのではなく、究極的には複数の株資産を長期的に持ち、安定的に分配利益を得ることで、それで生活出来るようになりたいと思っている。

従って含み損の状態になったとしても株主優待・配当が貰える限りは、売却することはなく、逆に含み益が出ても同じく利益確定は行なっていない。

プロの投資家からしたらド素人と言われるかもしれないが、確定させた差益を再投資して更に次の差益を狙っていくようなプロと違い、一般人の自分にはスキルがない上にリスク回避型の性格なのでこれでいい。

ましてや会社員として給料という形で生活の糧をノーリスクでもらっているので、株では収益を日々確保して生活費を稼ぐ必要もない。(投資資金も差益からではなく、給料からでも十分捻出できる)

現金化して何に使うのか?

値上がったら株を売って売却益を確保する。あるいは含み損を拡大させないために、損切りをする。これらはスゴく基本的な考えなので理解できる。ただ、売って現金化した資金を結局何に使うのかが重要ではないだろうか。

もし現金化してそのまま持ち続けるのであれば、結局は利益を生まない無駄金になってしまう。無駄にしたくないのであれば再投資は必須。

いざというときのために投資資金を現金化したとしても結局は株選定や投資タイミングがわからず、万が一現金保有を続ける形になるのであれば、本来得られたはずの投資収益を逃すことになる。

明確な目的がなければ現金化はせず、長期投資で収益が得られる状態にし続けたほうがよい。(そもそも投資は余裕資金で行っているという前提だが)

損切りは大切だけどそれはデイトレーダーに対してでしょ?

損切りは大切だが、それは短期売買で差益を随時追求していく人向けの話。長期的に収益分配を得るスタンスでいれば、含み損になったからと言って損切りをする必要は全くない。

世間では損切り出来ない人は投資のセンスが無いと言われるが、長期スタンスでいる限り、すぐ損切りするほうが当たり前だがセンスはない。

証券会社は売買手数料で儲けているので、損したらすぐ損切りしろという風潮になっているのか分からないが、人に流されるのではなく、自分の投資スタンスを明確化して行動をするべき。

急激に資産を増やしたい!というので無いなら長期スタンスがおすすめ

長期保有では長期的・安定的に利益を得ていく形になる。従って投資資金を短期で回転させていくやり方と違って急激に資産を増やすことはできない。

もし、一気にお金を得たいといのであれば向いてはいないが、それ以外であれば長期にわたって投資先企業と向き合って利益を得ていく長期スタンスもおすすめ。

会社の業績が悪化して無配になったり、あるいは潰れたりしてしまえば元も子もないので、投資の際は、会社とその事業をしっかりと知る必要がある。これこそ従来からの投資のやり方だと思う。

長期保有では含み益を確定させないので、その部分を活用できないというデメリットがあったが、今では、評価額に応じて金利を得らる貸株などサービスができており、含み益部分も上手く収益化させられるようになっている。

環境は整っているのでぜひこの機会に自分の投資スタンスを改めて認識し直してみてはいかがだろうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事・スポンサーリンク