ダイナースクラブの空港ラウンジサービス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 9

ダイナースクラブカードには国内外の空港ラウンジが無料で使える特典が付帯している。

他のゴールドカードやプラチナカードでも同様のサービスがあるが、ダイナースクラブは他社とは内容が若干違うのでご紹介。

国内ラウンジと海外ラウンジが特典で付帯したカードとして、年会費10,000円と圧倒的にコスパの良い楽天プレミアムカードと比較してみようと思う。

ちなみにダイナースクラブカードは年会費22,000円。

■楽天プレミアムカード

国内空港ラウンジ

カードラウンジが併設されている国内主要空港は全国28箇所あり、国内空港ラウンジサービスを付帯しているカードの発行会社であれば基本どこも一律で同じ。

ただ、同じ空港の中でも使えるラウンジがカード会社毎に異なることがあり、ここでカード会社の力の差が現れる。

例えば、羽田空港。楽天プレミアムカードでは同じ羽田空港であっても国際線ターミナルのラウンジは使えない。

■楽天プレミアムカードで使える国内空港ラウンジ

ターミナル ラウンジ名
第1ターミナル
POWER LOUNGE NORTH
POWER LOUNGE SOUTH
第2ターミナル
エアポートラウンジ(中央)
エアポートラウンジ(南)
エアポートラウンジ(北)
POWER LOUNGE NORTH

注意書きにもある。

■国際線ラウンジは利用不可

一方でダイナースクラブカードであれば国内線・国際線ターミナルどちらでもラウンジが使うことが出来る。

■ダイナースクラブカードで使える羽田空港ラウンジ
ターミナル ラウンジ名
第1ターミナル
POWER LOUNGE NORTH
POWER LOUNGE SOUTH
第2ターミナル
エアポートラウンジ(中央)
エアポートラウンジ(南)
エアポートラウンジ(北)
POWER LOUNGE NORTH
国際線ターミナル
SKY LOUNGE
SKY LOUNGE ANNEX

また、同じ羽田空港国際線ターミナルの中でも更に、カードによって使えるラウンジが異なる。

例えば、AMEXとダイナースクラブを比べると、ダイナースクラブの方が利用できるラウンジが多い。

■羽田空港国際線ターミナル内のラウンジ
ラウンジ名 AMEX Diners 楽天
SKY LOUNGE ×
SKY LOUNGE ANNEX × ×

海外空港ラウンジ

海外の空港ラウンジはかなり豪華の所が多い。通常は海外のラウンジを使うにはメンバーシップカードを提示する必要がある。

このメンバーシップカードとして有名なのがプライオリティ・パスだ。

通常はラウンジ利用上限無制限の会員資格で年間$399の会費がかかるが、楽天プレミアムカードであれば無料で発行される。

■楽天プレミアムカードはプライオリティ・パスが無料

ただ、実際にラウンジを利用するには、クレジットカード到着後に改めてプライオリティ・パスを申し込み、それが届くまで2週間待つ必要がある。

またラウンジでは航空券とプライオリティ・パスを提示しなければならないため、クレジットカードとは別に常にプライオリティ・パスカードを持ち歩かなければならない。

一方ダイナースクラブでは、クレジットカード自体がラウンジのメンバーシップ機能を備えており、カードが届けば航空券と合わせて提示することでラウンジサービスがすぐに使える。

■ダイナースクラブで海外空港ラウンジ

ダイナースクラブは、さすがグローバルに展開するカード会社だけに充実したサービスっぷりだ。ただ、一部プライオリティ・パスと比べて劣る部分もあるのでご注意。

プライオリティ・パスは全世界で1200カ所以上の空港でラウンジサービスを受けることができる一方、ダイナースクラブは800カ所にとどまる。

ダイナースクラブでも主要な空港はカバーをしているが万が一使えない場合もあるので、事前に調べておいたほうがベター。

■プライオリティ・パス

空港ラウンジで優雅に過ごす

国内外問わず、空港ラウンジはドリンクが無料であったり、軽食が付いたりとかなりリッチな気分を味わえる。特に長時間のトランジット時にはシャワーがついている海外ラウンジもあるので最適だ。

海外旅行へよく行く人や、ビジネスシーンで飛行機をよく使う人はこの際に、自分にあった空港ラウンジサービス特典がついたクレジットカードを申し込んでみてはいかがだろうか。

■ラウンジ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事・スポンサーリンク